kabuの健康blog

シニアの健康日記ですが、健康に関連したモノ・食品・サプリ等や身体に良い運動、アウトドア関連・軽登山・トレッキング・散策散歩等を主な記事内容にして行きたいと思います。そして、訪問者や閲覧者に少しでもお役に立てれば幸いに思います。初めたばかりなのですがこのサイトと共に自分も成長・進化して参りたいと思います。今後とも応援宜しくお願い申し上げます。

◆「なら山遊会」(管理人=かぶ)を運営してます。県内のi軽登山を楽しんでます。  (初心者大歓迎です!!!^^)

2017-08-18 001 011

◆ヤクザな中国が幸福の国ブータンも侵略中!!――――20170820-186

 只今もブータンに中国が侵略を続けています。あんまり知られてないですが、あの中国はブータンをも食い物にしつつあります。

 中国のチベット自治区と接するブータン北西部の領土に、中国の人民解放軍がじわじわと侵入し、ついには
国土の約20%を奪われてしまった。

 盗られたのは2006年とブータン政府の発表しています。約八千平方キロ。兵庫県とほぼ同じ広さなのです。

 中国は覇権国家(ヤクザ)であることを思い知りましょう。殴ろうが殺そうが、領土(シマ)を広げて行くのが彼らの正義です。ロシアも似ていますネ。

 ブータンは国土の北西部を中国と接している。国境線を警備する人民解放軍が数年を掛けて南下し侵入しました。ブータン領土内に小屋や施設を作り、さらには他国に道路まで作るのでした。気がついた時は、そこはすでにもう実効支配している訳です。軍事力の乏しいブータンは抵抗さえ出来ない弱小国です。彼らはそういう国ばかり狙い常套手段で侵略していきます。国連は何もしないのだろうか。

 人民解放軍が南下した理由は、なんと「冬虫夏草(高価な薬草)の採集」と「ヤクの狩猟」でありました。

 人民解放軍は冬虫夏草を投機目的の中国人に売り捌き、ブータンの人々にとって貴重なタンパク源であるヤクは激減します。

 ブータンにも軍隊がありますが、7千名程度の陸軍がメインで空軍はありません。残念ながら人民軍に対抗するには足りませんでした。所詮軍事力には屈するしかないのでしょう。日本も他山の石とせねばなりません。

 ヤクザが恫喝と力で押しかけてきたら、武器無き家は明け渡すしかありません。中国はブータンの軍事事情を承知の上で実効支配を始めたわけです。まさに「泥棒国家」なのでです。

 日本も他人事ではありません。九条にがんじがらめの自衛隊では暴虐国家に対抗するにはまだ不十分であります。早く国民の為に憲法を改正し、中国にいまだODAの形で渡し続けている莫大な金額を全て日本の国防費に回すべき時なのです。お人好しではダメですし、北朝鮮の核ミサイルは脅威であり危険なのです。

・・・・さて、タジキスタンといえば、サッカーの日本代表がW杯予選で対戦したのでご記憶でしょう。このタジキスタンも、パミール高原の一部(1000平方キロ)を中国に割譲しています。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=244121

 中国は更にパミール高原の28500平方キロの割譲を要求しています。要求と欲望がエスカレートするのも共産党中国の性格です。

 素敵なブータン国王ご夫妻が来日された時、日本のマスゴミは中国の侵攻にはいっさい触れませんでした。
中国側の手口はいつもどこに対しても大変狡猾なのです。

 ブータン側に密入国しキノコ狩りする中国人が多いことにブータンは中国に抗議するのですが、中国側は「大げさな」と一蹴。なんという事でしょう。いつの間にか道路が作られてしまっていました。

 ブータンの議員の一人は次のように言っています。「ブータンは限られた土地の小さな国です」
(日本だってそうですね)

 「我々がほんの小さな地域を失うとすれば、それは我々の将来の世代に大きな問題を残すことになりますし、更には国家主権に関わる問題でもあります」

 まさに私たち、日本人が叫ぶべき言葉ではないでしょうか。中国は常に小さな既成事実を積み上げながら、大きく盗む国なのです。

 また、あの傲岸な仲井真沖縄県知事が口を歪めてオスプレイに反対しているようですが、オスプレイは中国の侵略に対して非常に有効で必要不可欠な新型ヘリです。沖縄に基地があるからこそ、中国に盗られずに来ました。いいかげんに地域エゴと欲で日本の国防に対して口を挟むのはやめなさい。

 仲井真知事よ、先祖が中国人であることがそれほど立派なことか。あの暴動を見てむしろ恥じなさい。中国は中国で、仲井真知事の先祖が福建省からの渡来人であること指摘、何か言いたげだけど・・。

 知事室の支那琉球交流の屏風をこれ見よがしに飾っておく感性、日本国と日本人に対する挑戦的な無礼もやめなさい。

 吾王出現 済苦衆生

 何が「王」だ。時代錯誤の夜郎自大が。妄想もいいかげんになさいよ。今、沖縄は単に日本の一県です。現実を見なさい。この屏風の前でふんぞり返って日本国の総理を迎える。何様なのか。基地と本土がもたらすお金で生きる県の知事が・・。

 中国人が語る沖縄史はつまり、中国の藩属国としての琉球史です。中国の属国である琉球を薩摩藩が侵略し、その後明治政府に併合され、琉球もまた日本の侵略者の被害者の一つだという史観です。


 こんな屏風が他ならぬ知事室に麗々しく飾ってあったら、沖縄の人々は宗主国中国を懐かしんでいるに違いない、と中国は受け取る。チベットと同じく藩属国だった沖縄を早く開放して、我が国に回収せねば、というのが中国の発想です。こんな屏風、中国に早く迎えに来て、とメッセージを発信し続けているようなもの。

~第33回「大分県少年の船」入港式典における知事の言葉~

 「かつては『琉球王国』として、中国や東南アジアの国々と広く交易を行いながら、独特の伝統文化を築き上げてきました」

 対等みたいに言うけれど、嘘。中国へは朝貢の分際だった。「万国津梁の鐘」の屏風は朝貢の遺品みたいな代物です。

 「しかし一方で、先の大戦では、24万人余りの尊い命や、かけがえのない文化遺産を失うという痛ましい歴史も経験しています」

 口を開けばたかが小島のかつてのささやかな栄華と、戦争、基地の被害ばかり。基地は本土にもあるし、戦争被害は沖縄の比ではない。


 確率的に危険なのはオスプレイではなくキチガイ中国なのです。

 尖閣は日本だけの問題ではありません。人民解放軍と戦うインドやベトナムやフィリピン、漢民族に虐待されるチベットやウィグルなど中国大陸の周囲の少数民族が、日本がかつてのように立ち上がり戦ってくれることを期待して見つめています、現況に半ば失望しながらも、日本がかつての誇りを取り戻し再生してくれることを願っていると思います。我が国は対策を考えて欲しいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15~18日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けなかった・・。^^; 格安なモノは超少ないだろうが今後見つけなければならない・・。 

★8月23日(水)8:10-近鉄大和八木駅前集合→青崩(アオゲ)道から金剛山へ登ります。(登り:二時間強)おくちゃん・いなりさん、宜しくお願いします。

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
★国立国際美術館―ブリューゲル「バベルの塔」展 (巡回展) が催されています。ご一緒に行きたいと希望される方は「なら山遊会」(管理人かぶ)迄、お早めに希望日等を伝言版又は掲示板にてご連絡下さいませ。

開催期間:  2017年7月18日(火)~ 10月15日(日) 9:30~17:30
休館日: 月曜日― ※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
当日券 : 一般 1,600円
<経費>当日券+交通費+ランチ代~1500円位j迄



                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

2017-08-18 001 011

◆『旧唐書』日本伝―日本国の成り立ち――――20170819-185

 下記『旧唐書』にある不思議な二つの国「倭国」と「日本」。『旧唐書』(くとうじょ:ぐとうしょ)は中国五代十国時代の後晋出帝の時に劉昫、張昭遠、王伸らによって編纂された歴史書です。中国正史における24史の一つで945年に成立しました。宋代の「新唐書」と区別するための称。唐の成立(618年)から滅亡まで(907年)について書かれています。日本国内の歴史アカデミズムでは何故か意図的に過小評価をされておりますが・・。ここで取り上げるのは「日本伝」についてです。(歴史にお詳しい「ひもろぎ逍遥」lunabura.exblog.jpから転載させて頂きました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆『旧唐書』―東夷伝―

 日本国は倭国とは別種(別の国)である。その国は日の昇る方にあるので、「日本」という名前をつけている。あるいは「倭国がみずからその名前が優雅でないのを嫌がって、改めて日本とつけた。」ともいう。またあるいは「日本は古くは小国だったが、倭国の地を併合した。」とも。

 その日本人で唐に入朝する使者の多くは尊大で、誠実に答えない。それで中国ではこれを疑っている。

 彼らは「我が国の国境は東西南北、それぞれ数千里あって西や南の境はみな大海に接している。東や北の境は大きな山があってそれを境としている。山の向こうは毛人の国である。」と言っている。

 長安3年(703)、その大臣の粟田真人が来朝して国の特産物を献上した。朝臣真人の身分は中国の戸部尚書(租庸内務をつかさどる長官)のようなものだ。彼は進徳冠をかぶって、その頂は花のように分かれて四方に垂れている。(進徳冠…唐の制度の冠の一つで九つの球と金飾りがついている)紫の衣を身に付けて白絹を腰帯にしていた。

 真人は経書や史書を読むのが好きで、文章を創る事ができ、ものごしは温雅だ。則天武后は真人を鱗徳殿の宴に招いて司膳卿(しぜんけい・食膳を司る官)を授けて、本国に帰還させた。

 開元の初め(玄宗の時代・713~741)また使者が来朝してきた。その使者は儒学者に経典を教授してほしいと請願した。玄宗皇帝は四門助教(教育機関の副教官)の趙玄黙に命じて鴻盧寺で教授させた。

 日本の使者は玄黙に広幅の布を贈って、入門の謝礼とした。その布には「白亀元年の調布(税金として納めたもの)」と書かれているが、中国では偽りでないかと疑った。

 日本の使者は唐でもらった贈り物を全部、書籍を購入する費用に充てて、海路で帰還していった。

 その副使の朝臣仲満(阿倍仲麻呂)は中国の風習を慕って留まって去らず、姓名を朝衡(ちょうこう)と変えて朝廷に仕え、左補闕(さほけつ・天子への諫言役)、儀王(第12王子)の学友となった。朝衡(仲麻呂)は京師に50年留まって書籍を愛好し、職を解いて帰国させようとしたが、留まって帰らなかった。

 天宝12年(753)。日本国はふたたび使者を送って朝貢してきた。(※藤原清河・大伴古麻呂・吉備真備ら)

 上元年間(760~762)に朝衡を左散騎常侍(天子の顧問)・鎮南都護(インドシナ半島北部の軍政長官)に抜擢した。

 貞元20年(804)。日本国は使者を送って朝貢してきた。学生の橘逸勢(はやなり)・学問僧の空海が留まった。

 元和元年(806)。日本国使判官の高階真人は「前回渡唐した学生の学業もほぼ終えたので帰国させようと思います。わたくしと共に帰国するように請願します。」と上奏したのでその通りにさせた。

 開成4年(839)。日本国は再び使者を送って朝貢してきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 後半の使者には煌めく大スターたちがどんどん登場して、目を奪われそうです。教科書でよく知っている名前なので、うれしいですね。日本からの遣唐使について、唐からみた姿が伺えます。

 則天武后と粟田真人、則天武后(在位690-705)の生まれが623年なので、粟田真人が則天武后に会った時は80歳だったという事になります。
 ・参考: http://kohkosai.com/chinaphoto/syouryou/syouryou/page/005.htm
 
写真の則天武后の後の官人たちの服装や冠を見て下さい。
則天武后の後の官人たちの服装

 これに対して真人は戸部尚書(租庸内務をつかさどる長官)ほどで、あまり高い身分でないのに、高い位のものを身に付けていたようなニュアンスを受けました。紫を着られるのはどんな身分だったのでしょう・・。

 どうやら国内なら厳罰に処せられそうな格好です。異国の風習だからと朝廷は寛大に接したのでしょう。倭国に比べて日本国から来た人たちへの疑いのまなざしはこうして続いたけれど、新たに来朝した真人の人柄のよさに則天武后は別れの宴を開くほどに、真人を信任したと思われます。


これは則天武后が若いころ。(ドラマより)
  
則天武后が若いころ。(ドラマより)


 おっと、美人に見とれている場合じゃなかった。^^; テーマは「倭国と日本国」なんです。

●日本国の成り立ち―

 倭人に比べて日本人は態度が大きかった?「多自矜大、不以實對、故中國疑焉」が原文です。答え方にも誠実さが見られず、これまでの倭人のひたむきな印象と比べると、「倭国が日本国になったのか?いったいどうなっているのだ?」と中国側も「日本国」の存在を疑ったように見えます。

 日本国の成り立ちは「倭国が日本国と名前を変えた」「古くは倭国の東にあった小国が、いつのまにか倭国の地を併合した」の二つが考えられた事が分かります。

 後者は近畿の小国が大きくなって九州に勢力の中心があった倭国を併合して「日本国」と名乗った事を意味します。百済の前方後円墳の副葬品の状況からは後者の説が正しいと思われます。

 いったい、この時代はどうなっているのでしょうか。サイドバーの年表に『旧唐書』から得られた年を入れ込みました。※

630 遣唐使はじまる
632 新羅・善徳女王 即位
642 皇極天皇・35代 即位
645 中大兄皇子乙巳の変
645 孝徳天皇・36代 即位
648 倭国は新羅にことづけて上表文を送る。※
655 斉明天皇・37代 即位
660 百済滅亡
661 斉明天皇が崩御
662 天智天皇38代那国で即位 
663 白村江で大敗する
667 大津へ遷都する
703 日本国は粟田真人を使者とする。※

 倭国に関する記事は648年が最後です。中大兄皇子の乙巳の変の頃に倭国は新羅に仲立ちを頼んで中国との交渉を取り付けようとしています。

 一方日本国の朝貢は630年の遣唐使から始まって、703年の粟田真人から交流が深まります。その間にあの663年の白村江の戦いが存在します。それまでは倭国と日本国が併存していたと考えられます。

 そうすると白村江の戦いの「倭国・百済の連合軍 対  唐・新羅連合軍」の前者は厳密には「倭国・日本国・百済の連合軍」という事になりそうです。
2017-08-16 001 008

●白亀という年号―

 開元の初め(713~)に日本の使者が持って来た布には「白亀元年の調布」と、日本史にない年号が書かれていました。

 これについて九州王朝には「二中歴」という別系統の年号が存在する事が研究されているので、探してみましたが、その中にも白亀はありませんでした。

 参考にした本では「写し違いだ」と簡単に片づけてありましたが、中国側はわざわざ「疑った」と話題にしているのです。日本国は現在伝わる年号と違う年号を持っていたと考える方が合理的でしょう。そう簡単に写し違いにするのはもったいないですね・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15~18日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けなかった・・。^^; 格安なモノは超少ないだろうが今後見つけなければならない・・。 

★8月23日(水)8:10-近鉄大和八木駅前集合→青崩(アオゲ)道から金剛山へ登ります。(登り:二時間強)おくちゃん・いなりさん、宜しくお願いします。

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
★国立国際美術館―ブリューゲル「バベルの塔」展 (巡回展) が催されています。ご一緒に行きたいと希望される方は「なら山遊会」(管理人かぶ)迄、お早めに希望日等を伝言版又は掲示板にてご連絡下さいませ。

開催期間:  2017年7月18日(火)~ 10月15日(日) 9:30~17:30
休館日: 月曜日― ※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
当日券 : 一般 1,600円
<経費>当日券+交通費+ランチ代~1500円位j迄



                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

2017-08-16 001 008

◆アベノミクスによる富裕層の優遇政策をすぐにやめて貧困層を救え!!! ―――20170819-184

●貧困女子が急増中!経済的に貧乏な女子についてまとめ!
 -安倍政権アベノミクス富裕層優遇で貧困加速-

 都会を中心として経済的に貧困な女性が増えているという事です。NHKのクローズアップ現代などで特集された貧困女子についてまとめました。安倍政権になってから、アベノミクスが大失敗して、日本人女性の貧困はますます醜いものになっています。

 今や働く単身女性の3分の1が年収114万円未満。中でも10~20代女性を特に「貧困女子」と呼んでいる。


◆アベノミクスによる富裕層の優遇措置―

 日本の上位40人の所得がアベノミクスで急増したのをご存知でしょうか?!アベノミクスは、富裕層を優遇して、富裕層の所得だけが大幅に上昇しました。(地獄の沙汰も金次第!!てなわけかなぁ・・。)

 消費税の増税による庶民負担の急増=困窮してる人々にも直撃したのです。消費税が増税された事によって、庶民の負担が非常に大きなものになっています。もう日本人らしさが失われてしまったのか・・。

 月額の手取りが10万切ると貧困といわれています。誰が決めたのでしょうか?「貧困」の多くは、月額の手取りが10万円を切った時に「貧困」と定義される事が多い「よう」です。20万円でも苦しいのに・・。

 女性の非正規労働者の平均年収は200万円程度であり、これは男性正社員の約半分です。女性は32%ですが、男性も25%が同じ状態なので、『貧困女子』とあえて騒ぐべきかどうかは?ですが・・。

 月額15万円の生活でも、決して楽なものではありませんが、家賃、携帯・ネットを維持していると、15万円以下の生活をするのは難しいでしょう。

 働く世代の単身女性の3分の1が、年収114万円未満と紹介されました。中でも深刻化しているのが10~20代女性の貧困です。

 深刻な貧困は、身の回りにいないが自分も正社員だが、給料がアルバイトで稼いだほうが高いくらいの金額でこの先が不安なのだ。

 「お金がないから結婚できない」という「貧困女子」が増加しています。

 朝から晩まで、アルバイトをいくつも 掛け持ちする若い女性たち。 コンビニやファミレス、スナックなど、いずれも時給650円前後の仕事です。

 ところが、必死で働いても月10万円も満たなければ、そのほとんどすべてが生活費に消えていく。赤字に追い込まれることすらもある。家賃を引いて8万5千円以下が貧困。働いていても8万5千円以下になるという事は良くある事で、潜在的な貧困者はかなり多いと考えられています。

 「単身で暮らす女性の所得から家賃を引いて84,999円以下ならば貧困女子」だそうです。この計算でいくと、今では1/3の独身女性が貧困女子と言われているのだとか。一口に「貧困女子」と言っても、人それぞれにいろんな事情があります。

 現在、女性の非正規雇用率は54%で、働く女性の2人に1人が正社員ではないという状態です。『結婚したら仕事を辞める』という社会通念のため、不安定な労働に追いやられているのです。


● 日本で増える単身女性の貧困―

 単身女性の3割が貧困。単身女性の多くが貧困に苦しんでいるというデーターがあります。

 「女性の貧困」が一種のブームになったのは、11年です。国立社会保障・人口問題研究所の阿部 彩氏によるレポートで、「一人暮らしの女性の3人に1人が貧困」という数字が出ました。

 そもそも「貧しい女性たち(男性もですが)」は、昔から沢山いました。一生独身では貧しいままだから多くの女性は嫁に行ったし、DVなんて概念もありませんから、離婚もできずに耐えていた。

 社会が階層化され、生活空間が隔絶されているから似たような生活の男性にしか出会えず貧困を断ち切れない。非正規雇用男性の未婚率が高いが、男性の貧困だけでなく、女性の貧困が増えている。

 首都圏に住む30歳のAさん。一人暮らしだ。大学を出た後、正社員で就職したものの賃金は安かった。節約しながらの生活。貯金もしていたが、低賃金・一人暮らしでは、それほど大きな額が貯まるわけもなかった。

 田舎の両親は既に高齢で年金生活。自営業だった両親の年金の支給額は少なく、さらに無職の姉が同居しており、頼れる状況ではなかった。Aさんの手元にあるお金は3万円を切っていた...。

 弁理士の事務所に10年勤めているという33歳の女性・Aさん。都内でひとり暮らしをしている“貧困女子”だ。

 現実は若い単身女性3分の1、110万人が年収114万円未満の貧困層と見られます。この背景には、若い女性は結婚すれば家庭に入るという考え方が、世間にも本人にも色濃く残り、若い女性たちの貧困問題を見えにくくしています」と語った。

 彼女達の多くは健康を維持することを学ばなかったために極度の肥満あるいは痩せで、精神面はエキセントリックで不安定、さらに暴力的なのです。

 取材を担当したNHK報道局記者の村石多佳子はこう解説する。「風俗店の仕事は見知らぬ男性と1対1となり、何が起きるかわからないという危険もあります。それでも風俗店で働くのは、店の雰囲気も良く、居心地も良いという依存する心理が働くようです。

 先月の給料は9万円だったし、1月は正月で出費が嵩んだのに、手取りは8万5000円。食べていくだけで精一杯の状態なのです。

 好きな人には、カツカツの生活をしてることを知られたくない・・・そんな見栄やプライドが、彼女たちの恋愛欲求にフタをしているそうだ。

 女性が貧困に陥ると、ファッションや化粧品などにお金を使えなくなって、女性の魅力を十分に引き出せなくなります。また、お金を使わないように出歩く機会が減るので、異性と出会う機会も減少します。

 安定した収入や仕事環、将来のことを考えれば、今が頑張り時。そう考えてずるずると彼氏なし期間が長引いてしまう女性も多いのです。

世界の貧困層

◆ 貧困女子を超えた「最貧困女子」―

 家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁をなくし、セックスワーク(売春や性風俗)で日銭を稼ぐしかないのが「最貧困女子」なのだ。

 彼女にできる仕事は体を売ることだけだから、条件をもっと落として、安く、過酷な、危険な売春をして、日銭を稼ぐしかないというのです。

貧困格差の二極化拡大

◆ 受け皿になる風俗業界も厳しいそうである―

 最近は『10人面接して9人落とす』という風俗店もあるようです。容姿は十人並み以上、就活を経験したおかげで会話も巧みという大卒の風俗嬢が、わんさかいる時代になりました。

◆ お金を使いすぎて貧困になる女子もいるそうだ―

 親から甘やかされて育ち、浪費が止められずに借金が400万円もあるのに、高価なバッグなどブランド品を買い続けているという35歳の女性・Cさんもいる。(特殊な例だが・・)

 上場企業の一般職として就職した34歳の女性・Dさんも貧困状態に陥った。職場でイジメに遭い退職し、アルバイト生活を強いられても、セレブな生活を断ち切れず、住む場所は世田谷区にこだわってしまうらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15~18日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けなかった・・。^^; 格安なモノは超少ないだろうが今後見つけなければならない・・。 

★8月23日(水)8:10-近鉄大和八木駅前集合→青崩(アオゲ)道から金剛山へ登ります。(登り:二時間強)おくちゃん・いなりさん、宜しくお願いします。

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
★国立国際美術館―ブリューゲル「バベルの塔」展 (巡回展) が催されています。ご一緒に行きたいと希望される方は「なら山遊会」(管理人かぶ)迄、お早めに希望日等を伝言版又は掲示板にてご連絡下さいませ。

開催期間:  2017年7月18日(火)~ 10月15日(日) 9:30~17:30
休館日: 月曜日― ※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
当日券 : 一般 1,600円
<経費>当日券+交通費+ランチ代~1500円位j迄



                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 
 


com-02177

◆急増!! 中高年男性の4人に1人が単身者た゛。 ―――20170818-183
 ~ 一億層下流社会の到来!!~(はるか昔、中流時代があった・・。)

 「毎日、寂しい日が続き、この苦しみを何とかしたい。96歳、長い生涯です。死んでよし生きてよしの端まで生きることの難しさに弱っています」「12月に肝臓がんの治療のため、入院します。精神的不安と物理的不安を感じています。以前は来てくださる友人がいましたが、亡くなってしまい、休日にご家族のお見舞いのある方々が多いとつくづく寂しさを感じます」「現在は頑張っていますが、目にみえてお世話になる日が近づいており、そのときどうしたいかも思いつきません」─。

 これは、港区社会福祉協議会(東京都)による高齢単身者に関する調査において、高齢単身者自身が自由回答欄に記述した内容である(「港区におけるひとり暮らし高齢者の生活実態と社会的孤立に関する調査報告書」2006年)。ここには、高齢期の1人暮らしから生じる寂しさや不安が示されている。後述するように、1人暮らしは、貧困や要介護となったときの対応、社会的に孤立しやすいといった点でリスクを抱えている。

 日本全体を見ると、05年現在、1,446万人が単身世帯を形成し、全人口の11.3%、全世帯の29.5%を占めている。標準世帯といわれる「夫婦と子供からなる世帯」の全世帯に占める割合が29.9%なので、単身世帯の割合はほぼ同程度となっている。そして30年になると、単身世帯の全世帯に占める割合は37.4%となり、標準世帯(21.9%)を大きく上回って最も高い割合となる。単身世帯の増加は、社会に大きな影響を与えていくであろう。

 ところで、「今家族と暮らしているので、1人暮らしになることはない」と考える人がいるかもしれない。しかし、死別や離別によって配偶者を失うリスクを抱えており、子供と別居すれば、将来1人暮らしになるかもしれない。実際、単身世帯の配偶関係をみると、20代と30代では未婚者が多いが、30代から60代では徐々に配偶者と離別した単身者が増えていく。そして高齢期になると、配偶者と死別して単身世帯となる人が多い(図1)。
しかも今後は、中高年男性で単身世帯になる確率が高まる。05年現在、40歳以上の男性に占める単身世帯の比率は10%前後であるが、30年には50代、60代男性に占める同割合は25%弱にもなる(図2)。すなわち、50代、60代男性の4人に1人が1人暮らしというのが「2030年の日本の姿」だ。

 こうした中高年男性の単身世帯の増加は、すでに始まっている。1985年から05年の20年間で、20代の単身世帯数はほとんど変化していないのに対して、80歳以上では男女ともに5~7倍に増えた。また、50代と60代の男性でも単身世帯数は4~5倍になった。

図1 男女別・年齢階層別にみた単身者数と単身者の配偶関係 (2005年)
年齢階層別の単身者数


●単身世帯の質的変化-

 では、単身世帯はなぜ増加したのか。まず考えられるのは、人口増加の影響である。どの時代においても総人口に対して一定割合の単身世帯が存在すると仮定した場合、人口増に伴って単身世帯数も増加していく。
そこで、85年から05年にかけての単身世帯の伸び率を「人口要因」と「非人口要因」に分けて寄与度をみると、人口要因による単身世帯の増加は、男女共に50代以上の年齢階層で生じている(図3)。特に長寿化の影響によって80歳以上の女性で人口要因の影響が大きい。

 一方、40代以下の年齢階層では、人口要因は単身世帯を減らす方向に作用している。これは、少子化の影響によって40代以下の人口が減少したためだ。換言すれば、40代以下の単身世帯の増加は、専ら「質的な変化(非人口要因)」によって生じたものである。また、男性の50代以上、女性の70代以上の年齢階層でも、非人口要因の影響が大きい。
 
 では、「質的な変化」とは何か。第1に、若年層や中年層を中心に、未婚者や離別者の割合が高まった点が挙げられる。未婚者や離別者は、配偶者がいないという点において単身世帯になりやすい。実際、85年から05年にかけて、30~50代の男性や、20代と30代の女性で、各年齢階層別人口に占める未婚者の割合が大きく増加している。また、未婚者ほどではないが、離別者の割合も全年齢階層で増えている。

 ちなみに、50歳時点で一度も結婚したことのない人の割合を「生涯未婚率」と呼ぶが、男性の生涯未婚率は1920年から85年まで1~3%台で推移したが、90年に5.6%となり、05年には16.0%となった(図4)。50歳男性の6人に1人が未婚者という状況である。

 第2に、配偶者と死別した高齢者において、子供との同居率が低下している点である。配偶者と死別した70歳以上の人で、子供と同居する人の割合は、95年には66%であったが05年には55%と、わずか10年間で11%も低下している。

 以上のように、40代以下の年齢階層における単身世帯の増加要因は、未婚や離別の増加といった質的な変化が大きい。一方、50代と60代の単身世帯の増加は、未婚や離別の増加に加えて、各年齢階層の人口増加が影響している。さらに、70歳以上の単身世帯化の背景は、長寿化による人口増加に加えて、老親と子供との同居率の低下が挙げられる。
図4 生涯未婚率の推移
図4
図2 年齢階層別人口に占める単身世帯の割合の推移
図2
●男性でより深刻に-

 単身世帯の増加は今後も続くとみられている。具体的には、全国の単身世帯数は05年の1,446万世帯から30年には1,824万世帯となり26%増えると推計されている。年齢階層別にみると、若年人口の減少によって20代と30代の単身世帯数は減少するが、40代以上では増加していく。

 注目すべきは、先述の通り、中高年男性で単身世帯化が進むことだ。ちなみに北欧や一部の西欧諸国では日本よりも単身世帯化が進んでいるが、現時点では中高年男性における単身世帯の高まりは顕著になっていない。

 では、なぜ中高年で単身世帯化が進むのか。この主因として、中高年における未婚の進展が挙げられる。先の図4で示した通り、05年現在、男性の生涯未婚率は16%、女性は7%であったが、30年になると男性は29%、女性は23%になると推計される。実に、50歳男性の3人に1人弱が未婚者という状況になる。

 未婚の単身者が高齢期を迎えた場合、老後を頼る配偶者もいなければ子供もいない状況が起こりうる。現在の高齢単身者の多くは配偶者との死別によって1人暮らしを始めた人々であり、その多くは子供がいる。今後増加する未婚の高齢単身者は、今の高齢単身者よりも、老後を家族に頼ることが難しくなるだろう。

 そして未婚の高齢者は、男性で急増していく。05年現在、65歳以上の未婚男性は26万人いるが、30年には6.5倍も増加し、168万人になる(表1)。一方、高齢未婚女性は2.3倍増加し、30年には120万人になると推計されている。高齢未婚者の相当程度は単身世帯と考えられるので、未婚化による高齢単身世帯の増加は、男性でより深刻になっていくであろう。


●単身世帯のリスク-

 では、単身世帯の増加は問題なのか。言うまでもないが、結婚するか否か、1人で暮らすか否かは、基本的には個人の選択の問題である。それぞれの人が、それぞれの価値観に従って自分のライフスタイルを選択することに良いも悪いもない。

 また、単身世帯の増加の背景には、女性の経済力が向上し、結婚しなくとも生活していける女性が増えたことが挙げられる。さらに、社会的インフラが整備されてきたので、以前よりも1人で暮らすことから生じる不自由さは減少している。料理が苦手でも、コンビニエンスストアに行けば弁当がある。1人の時間を楽しむためのゲームソフトも豊富だ。少なくとも健康で働いているうちは1人暮らしにたいした不自由はない。

 しかし、1人暮らしは、いざというときに支えてくれる同居家族がいない点で、リスクが高い。例えば、病気や要介護状態に陥った場合に同居家族の支えがなければ、手遅れになることもある。

 また、失業や病気・怪我などによって働けなくなれば、単身では貧困に陥るリスクもある。結婚していれば、一方の配偶者が働くことでやりくりできるが、1人暮らしではそれが難しいためだ。

 さらに、他者との交流が乏しい人が1人暮らしをすれば、社会的に孤立するリスクも負う。近年マスコミで、死亡後数日間気づかれずに放置された1人暮らしの中高年がとりあげられているが、これは社会的孤立が顕在化した事例といえよう。内閣府が09年に60歳以上の高齢者を対象にした調査によれば、単身世帯の65%が「孤独死を身近な問題」と感じており、夫婦人世帯の44%、3世代世帯の30%に比べて高い割合にある。

 もっとも、高齢単身世帯の増加といっても子供が近くに住むケースが多いので、それほど問題ではないという見方があるかもしれない。実際、65歳以上単身世帯のうち、子供が片道1時間以内に住んでいる単身世帯は47%を占めている。しかし、換言すれば、高齢単身世帯の5割強は近居の子供がいないか、あるいはそもそも子供がいない。

 また、社会的孤立という観点からは、たとえ子供が近くに住んでいても、子供と交流する時間をもたない高齢単身者は意外と多い。近居の子供をもつ高齢単身者であっても、社会的孤立に陥るリスクを抱えているのである。

●打つべき3つの対策-

 では、単身世帯の増加に対して、どのような対応をすべきか。

 第1に、社会保障制度の拡充が必要である。現行の社会保障制度は、単身世帯の抱えるリスクに対して十分な対応ができていない。一昔、いや二昔前までは、ある程度の年齢になれば結婚して家族をもつことが当たり前であったし、老親が子供と同居することも一般的だった。このため社会保障制度も、善かれ悪しかれ、家族の助け合いを前提に構築されてきた面がある。

 例えば、「介護の社会化」を目的に公的介護保険が導入されたが、現行の給付水準は、家族介護を前提としたうえで、それを社会的に補完するレベルのように思われる。実際、在宅で要介護者を抱える世帯の7割が「主たる介護者は家族」と回答している。

 このように、日本の社会保障制度は、介護を含め家族による助け合いを前提にしてきたために国際的にみて安上がりの制度となっている。主要先進国間で社会保障に費やす費用(対GDP比)を比べると、日本は米国に次いで低い水準にある。しかし、単身世帯が増加するなかでは、社会保障を拡充して1人暮らしの人でも安心して暮らせる社会を構築する必要がある。これは、家族を軽視することではない。なぜなら、現在家族と暮らしている人も含めて、誰もが将来1人暮らしになる可能性を抱えているからだ。

 そして社会保障を拡充するには、その財源の確保が必要だ。無駄の削減は当然としても、それだけで社会保障強化に向けた財源を捻出できると考えるのは甘い。税や社会保険料の引き上げは不可避である。これは家族のセーフティーネット機能が低下するなかで、様々なリスクに公的に対応してもらうための必要経費と考えた方がよい。また、現在家族と暮らす人もいつ単身世帯になるかわからないので、そのための保険でもある。

 一方、幸いなことに、日本の税・社会保険料の負担レベル─国民負担率─は主要先進国に比べて低い水準にある。税・社会保険料の引き上げの余地は残されている。

 第2に、地域コミュニティーのつながりの強化である。退職をした多くの高齢単身者にとって、地域コミュニティーが「社会とつながる場」になりうる。また、公的サービスでは付与されない支援を、地域のNPO(特定非営利活動法人)などから受けられる可能性もある。行政には、地域のNPOやボランティアの活動を広げていくために、資金面や経営ノウハウの提供、人的ネットワークの構築支援といった役割が求められる。

 第3に、「自助」の前提条件の整備である。生涯単身で生きる覚悟をしている人は、そのリスクを認識し、現役時代から経済的な側面や人的ネットワークなどの面でリスクに備えることが望ましい。

 一方で、自助努力を求めるにしても、社会としてその前提条件を整備する必要がある。例えば、就職氷河期にフリーターとなった若者は職業訓練の機会に恵まれず、正規社員への転換も容易ではない。結婚したくても経済的に余裕がなく、フリーターのまま1人暮らしを続ける若者や中年も少なくない。また、男女の賃金格差が大きい社会では、単身女性に自助努力を求めても、個人として低賃金を克服するのには限界がある。自助努力を求めるのなら、こうした個人の力だけでは克服できない社会の歪みも是正すべきだ。

 ほとんどの人が結婚をして同居家族がいることを当然視してきたこれまでの日本社会にとって、単身世帯の急増は確かに「衝撃」であるだろう。しかし、この衝撃はうまく対応すれば、社会を良い方向にもっていく力にもなりうる。血縁を超えて、公的にも地域としても支え合っていけるような社会の再構築を考えていかなくてはならない。(みずほ情報総研より転載)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15~18日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けなかった・・。^^; 格安なモノは超少ないだろうが今後見つけなければならない・・。 

★8月23日(水)8:10-近鉄大和八木駅前集合→青崩(アオゲ)道から金剛山へ登ります。(登り:二時間強)おくちゃん・いなりさん、宜しくお願いします。

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
★国立国際美術館―ブリューゲル「バベルの塔」展 (巡回展) が催されています。ご一緒に行きたいと希望される方は「なら山遊会」(管理人かぶ)迄、お早めに希望日等を伝言版又は掲示板にてご連絡下さいませ。

開催期間:  2017年7月18日(火)~ 10月15日(日) 9:30~17:30
休館日: 月曜日― ※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
当日券 : 一般 1,600円
<経費>当日券+交通費+ランチ代~1500円位j迄



                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

ブータン
中国に侵略されているブータン
◆資源の枯渇へ向かう世界~包括的な豊かさの指標(IWI)~  ―――20170818-182

 包括的な豊かさの指標(Inclusive Wealth Index)は、2012年6月17日の国連持続可能な開発会議(リオ+20サミット)で発表された経済指標です。

 人工資本(機械、インフラ等)・人的資本(教育やスキル)・自然資本(土地、森、石油、鉱物等)を含めた各国の資本資産と、その換算値を検証することによって国の豊かさを評価します。


 同会議で、国連大学地球環境変化の人間・社会的側面に関する国際研究計画(UNU-IHDP)が国連環境計画(UNEP)などと共同で発表した、「Inclusive Wealth Report 2012(IWR2012: 包括的な豊かさ関する報告書)」で採用されました。


 報告書では、G20諸国の1990年から2008年までの包括的な豊かさの推移とともに、国民総生産(GDP)との長期比較が示されています。例えば、評価対象期間中に、GDPは成長したが、人口当たりの天然資源は南アフリカで33%、ブラジルで25%、米国で20%、中国で17%減少しました。


 各国の幸福度と持続可能性をモニターするため、第1回の2012年以降、隔年での発行が予定されています。

参考URL-
United Nations University:(世界の資源は枯渇に向かっていると、「包括的な豊かさに関する報告書」が発表)

雲南省の観光地の雨上がりの雲海
"中国雲南省の観光地の雨上がりの雲海"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15~18日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けなかった・・。^^; 格安なモノは超少ないだろうが今後見つけなければならない・・。 

★8月23日(水)8:10-近鉄大和八木駅前集合→青崩(アオゲ)道から金剛山へ登ります。(登り:二時間強)おくちゃん・いなりさん、宜しくお願いします。

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
★国立国際美術館―ブリューゲル「バベルの塔」展 (巡回展) が催されています。ご一緒に行きたいと希望される方は「なら山遊会」(管理人かぶ)迄、お早めに希望日等を伝言版又は掲示板にてご連絡下さいませ。

開催期間:  2017年7月18日(火)~ 10月15日(日) 9:30~17:30
休館日: 月曜日― ※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
当日券 : 一般 1,600円
<経費>当日券+交通費+ランチ代~1500円位j迄



                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

com-02361

◆貧困・格差の現状と分厚い中間層の復活に向けた課題② ―――20170817-181


● 中年化する無業者―

 若年無業者(15~34歳の非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者と中年無業者(若年無業者の年齢要件を35~44歳にしたもの)の推移をみると、若年無業者は2002年以降おおむね横ばいで推移している一方で、中年無業者については増加傾向にある。

総務省統計局「国勢調査」により、非労働力人口のうち家事も通学もしていない者の年齢分布をみると、2005年から2010年にかけて無業者の山が35歳前後から40歳前後に推移しており、無業者の中年化が進んでいることがわかる。

● 雇用環境と無業化の関係―

 同一年齢階層における人口に占める無業者の割合を無業率とし、これをコーホート※でみると、各年齢階級における無業率は上昇傾向にあると共に、各々の世代において2000年から2005年にかけて無業率の上昇幅が大きくなっている。この時期は、完全失業率が初めて5%を超えるなど雇用情勢が厳しさを増し、学卒者の就職環境も大幅に悪化した時期であり、そうした状況を反映して、幅広い世代において無業化が進んだとみられる。
こうした若年・中年層の無業化について、雇用情勢との関連性をみておこう。第2-(1)-45図は
各都道府県の無業率と完全失業率の関係をみたものであるが、完全失業率が高い地域ほど、無業率が
高い傾向がある。雇用情勢の悪化が、無業者の増加につながっている可能性がある。
● 就労意欲と無業化
このように無業者の動向は経済状況によって左右される側面もあるが、実際に無業者の要因につい
てみていく。
「就業構造基本調査」104における就業非希望の無業者について、その理由をみると、「病気やけがの
ため」が42.1%と最も高くなっており、また、「その他」、「特に理由はない」、「仕事をする自信がな
い」の合計で約5割を占めている。一方、就業希望はあるが非求職の者についても、「病気やけがの
ため」が35.3%で最も高くなっているが、「探したが仕事がみつからなかった」「希望する仕事があり
そうにない」「知識や能力に自信がない」を理由とする非求職者が合計で23.3%と4分の1近くの割
合を占めている(付2-(1)-18表)。また、「労働力調査」における無業者のうち、非求職の就業希
望者は約3割105となっているが、その中には「適当な仕事がありそうにない」ことを理由として求職
をあきらめている無業者が一定程度存在している(付2-(1)-19表)。
病気やけがなど本人のやむを得ない場合を除き、潜在的な就労希望を持ちながら就労意欲の喪失や
あきらめによって無業化している場合には、いくつかの問題が考えられる。
まず、考えられるのは生計面での問題である。「国民生活基礎調査」による、無業者のうち就業希望を持っている人の割合であるが、これをみると、約6割強の無業者が就業希望を持っているが、親等と同居している場合、この割合が若干低くなっている。

 生計を依存できる者がいる場合、就労希望の低下につながり得るものと考えられる。ただし、世帯所得が低下している中で、将来的にこうした無業者の生活を支えきれなくなる可能性もある。

 また、無業の状態が続くと、社会との接触が薄れ、社会生活を行っていくための基本的な機能が衰える可能性もあり107、いったんそのような状態になると、社会復帰の困難さが増すことになる。これは、本人にとっても社会にとっても損失であり、個々の状態に応じて粘り強い支援を行っていく必要がある。

こうしたことから、「地域若者サポートステーション事業」として、就労しておらず家事も通学もしていない者に対する就労支援や職業的自立のため、基礎学力を含む基本的な能力等の養成や、職業意識の啓発、生活支援、社会適応支援、職場体験等の包括的な支援を行っている。さらに「新成長戦略(2010年6月18日閣議決定)」において「地域若者サポートステーションによる就職等進路決定者数10万人(2011~2020年)」達成を目指すこととしているため、地域若者サポートステーションの設置拠点やアウトリーチ(キャリアコンサルタントによる自宅等への訪問支援)事業箇所の拡充を行っている。

 具体的には、15歳からおおむね40歳未満で就労しておらず家事も通学もしていない者に対し、支援対象者ごとに自立支援に向けた計画を作成し、必要に応じて臨床心理士等の意見を組み入れ、キャリアコンサルタント等のキャリア形成支援を行う者による相談支援を実施している。また就労に対する自信や意欲が不足している者に対しては実際に仕事をしている職業人の体験談等の聴講や作業の体験等により成功体験、自己有用感の獲得を促す等、職業的自立まで一貫した支援を実施している。

 さらに進路が決まらないまま高校を中退すると若年無業者等に陥りやすく、年齢を重ねても抜け出しにくいという実態があるため、地域若者サポートステーションと教育機関との連携により、進路の決まっていない高校中退者等に対しキャリアコンサルタント等による自宅等への訪問支援等を行う「高校中退者等アウトリーチ事業」や職業能力向上の前提となる基本的な生活習慣の改善・コミュニケーション能力の向上に資する支援等を行う「生活支援等継続支援事業」等を実施している。

● 増加する生活保護世帯―

 世帯類型別の被保護世帯数である。被保護世帯数は2010年度に141万0,049世帯となり、1951年の調査開始以降最高水準となっている。また保護率(人口千対)は15.2‰となっている。

 世帯の種類別に推移をみると、構成比の高い高齢者世帯、障害者世帯・傷病者世帯を始めとして全体的に増加傾向にあるが、増加幅が大きいのが就労可能層が含まれると考えられる「その他世帯(高齢者世帯、母子世帯、障害者世帯・傷病者世帯のいずれにも該当しない世帯をいう。)」であり、特に2009年度、2010年度と連続して大幅な増加となっている。

 リーマンショックを受けた厳しい雇用環境の中、就労可能層において経済的に困難な状態に陥った者が増加し、受給世帯の増加につながったことがうかがえる。

 また、第2-(1)-48図により、保護率の推移を年齢階級別にみると、各年齢層とも保護率が上昇
傾向にあるが、19歳以下及び80歳以上を除き、年齢階級が高くなるほど保護率が高くなっている。

 このように、高齢化が保護率の上昇に影響を及ぼすことが考えられるため、保護率の上昇を人口の年
齢構成の変化と、同一年齢階級内の保護率の変化に要因分解した。これによると、同一年齢階級内の
保護率上昇の要因が大きくなっているが、人口の年齢構成変化効果が一定の割合でプラスに寄与して
おり、高齢化も継続的に保護率上昇の要因となっている。

● 経済・雇用環境の悪化により生活保護受給者が増加―

 母子世帯とその他世帯の保護開始理由の推移においては、母子世帯について「働いていた者との離別等」が大きな理由となっているが、近年は「貯金等の減少・喪失」の急増が目立っている。

 また、その他世帯については「失業」、「貯金等の減少・喪失」等が2009年度に大きく増加し、2010年度には「失業」は減少したものの2008年以前と比較すると高い水準にあり、「貯金等の減少・喪失」は更に増加した。

 厳しい経済環境の中での雇用・所得環境の悪化が生活保護の増加につながっていることがうかがえる。

 各都道府県における生活保護受給者の割合を、高齢化率、離婚率、完全失業率で回帰分析を行うと、全て正の相関となっている。このうち完全失業率が生活保護受給者の割合に最も大きな影響を与えているが、「離婚率」・「高齢化率」も影響を与えている。

● 就労による生活保護廃止の現状―

 母子世帯とその他世帯の保護廃止理由の推移において、それによると生活保護の状態でなくなる大きな理由は、「働きによる収入の増加・取得」であるが、母子世帯では、2009年度以降、それまでと比較して減少している。また、その他世帯では2010年度に相対的に大きく増加し、その割合は全体の約36%となっている。

 このような中、生活保護受給者等の就労・自立支援として、福祉事務所のケースワーカーによる支援、求職活動のための基礎的な支援を行う就労支援員による支援、日常生活支援から就労に至るまでの総合的な支援を実施している。

 さらに、労働局・ハローワークと自治体との間で締結した協定等に基づき、両者によるチーム支援を中心とした就労支援等108を行う「福祉から就労」支援事業を実施し、生活保護受給者等に対する就労・自立支援強化に取り組んでいる。


◆雇用における課題―

● 無業者等を支える家族の高齢化―

 低所得者層が増加する中で、世帯貯蓄の動向をみると、個別の調査によって統計上の差違はあるものの、無貯蓄・低貯蓄世帯はおおよそ10%前後存在すると考えられまたその比率も上昇傾向にある。またこれまで、非正規雇用者、長期失業者、無業者についてみてきたが、前述のとおり父母をはじめとする家族によって経済的に支えられている場合、個々の家庭においても世帯収入は低下傾向にある中で、経済的支援にも限りがあると考えられる。

非正規雇用者、無業者、完全失業者が親等のみと同居している場合に限定した際、親等の年齢をみると、2004年から2010年にかけて、全体的に高齢化が進んでいる。また、同世帯の貯蓄と借入金をみると、貯蓄現在高は減少、借入金は増加しており家計の状況は大変厳しさを増している。

さらに厚生労働省「国民生活基礎調査」によって就業形態別に無貯蓄世帯をみると、非正規雇用世帯及び無業の世帯で割合が高く、それぞれ14.7%、13.3%となっており、相対的に厳しい家計状況にあることがうかがえる。

● 早期の就業支援の必要性―

 失業に陥ってしまった場合において、その失業期間をみると。これは①失業者に直接失業期間を調査する直接計測法と、②失業者が失業状態から脱する確率から求めるフロー分析法によって比較したものでは、直接計測法による失業期間はフロー分析法による失業期間よりも長くなっている。これは失業からの脱却の程度が失業の長期化に伴って低下していることを意味している。つまり、失業が長期化すると失業状態から脱け出しにくくなり、さらなる長期化を招きやすいということである。

 さらに、前述のとおり生活保護の受給に至ると保護の状態から抜け出しにくいという状態があることから、失業状態に陥っても早期に就職できるようにすること、加えて生活保護受給者に対する早期の就労支援を一層強化していくことが必要である。


※失業期間について―

 失業期間の取り方を大きく分けると、①失業者にその失業期間を聞くことで求める「直接計測法による失業期間」、②失業者が失業状態から脱出する確率*1から求める「フロー分析法による失業期間」の2通りが考えられる。

 直接計測法による失業期間は、ある時点での失業者のその時点での失業期間であり、その後も失業が継続すると考えられるため、「中途失業期間」である。一方、フロー分析法による失業期間は、そのままで「全失業期間」となる。

 一定の仮定の下で、直接計測法による中途失業期間の平均の2倍は、フロー分析法による全失業期間よりも長くなる。これは、フロー分析法による失業期間が一失業当たりの単純平均であるのに対し、直接計測法による失業期間は失業期間による加重平均となっているからである。

 また、失業から流出(就職又は非労化)する速度が失業の経過とともに低下するならば、直接計測法による中途失業期間は、フロー分析法による全失業期間よりも長くなる。なお、失業者が増加している時には、直接計測法では、短い失業期間の者を観測時点で多く観測することになるために失業期間は短めにでる。

 このような状況を考えると、直接計測法はある時点での失業者の失業期間の分布をみるのに適しており、一方、フロー分析法はある失業者がどれくらいの期間失業するのかをみるのに適していると考えられる。

【参考文献:本川明(1996年)「完結失業期間と中途失業期間との関係について」『日本労働研究機構研究紀要』】

● トランポリン型社会の実現に向けて―

 これまでにも雇用保険における被保険者の適用範囲を拡大112するなどの制度改正を行ってきたが、雇用保険の受給期間が満了した場合や元来受給資格の対象外である場合(学卒未就職者、自営廃業者等)は必要な支援が受けられないという課題もあった。

 こうしたなか、2008年秋のリーマンショックに端を発した世界的な金融危機の影響等により、いわゆる「派遣切り」(労働者派遣事業所の派遣社員が、派遣契約に係る契約更新が行われず、又は契約途中での解除が行われるなどしたこと)によって社員寮等からの退去を余儀なくされ、住居を喪失する事態が発生し、仕事と同時に住居を失い生活の基盤をなくしてしまう者の増加が社会問題化した。

 その後も、厳しい雇用失業情勢により、住居・生活に困窮する者がなお存在し、非正規雇用者や長期失業者が増加する中で、雇用保険を受給できない求職者に対するセーフティネットを整備することの重要性が増大した。

 そのような深刻化する経済情勢を受け、2008年12月の「生活防衛のための緊急対策」に基づく就職安定資金融資事業(住宅・生活支援の資金貸付、2010年9月末をもって新規融資申請受付終了)等の実施に続き、2009年4月の「経済危機対策」における雇用対策等の一環として、緊急人材育成支援事業(雇用保険を受給できない方に対し、無料の職業訓練及び訓練期間中の生活給付を行う予算事業)、総合支援資金貸付制度(失業等により日常生活全般に困難を抱えている方に対して、求職活動中の生活費等の貸付を受けられる予算事業)、住宅手当(離職して住宅を失った方等に対して、原則6か月間(一定の条件の下で最大9か月)家賃を補助する予算事業)等のいわゆる「第二のセーフティネット」と総称される施策を行ってきた。

 その後、緊急人材育成支援事業の実施状況を踏まえた検討を行い、2011年10月から、法に基づく恒久的な制度として「求職者支援制度」を開始するなど、失業等した方に対し、雇用保険制度の拡充とともに、雇用保険を受給できない方であってもいち早く再就職に結びつけ、直ぐに生活保護に至ることを防ぐための重層的な支援の強化に取り組んでいるところである。(厚生労働省「労働経済の分析」より転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15~18日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けなかった・・。^^; 格安なモノは超少ないだろうが今後見つけなければならない・・。 

★8月23日(水)8:10-近鉄大和八木駅前集合→青崩(アオゲ)道から金剛山へ登ります。(登り:二時間強)おくちゃん・いなりさん、宜しくお願いします。

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
★国立国際美術館―ブリューゲル「バベルの塔」展 (巡回展) が催されています。ご一緒に行きたいと希望される方は「なら山遊会」(管理人かぶ)迄、お早めに希望日等を伝言版又は掲示板にてご連絡下さいませ。

開催期間:  2017年7月18日(火)~ 10月15日(日) 9:30~17:30
休館日: 月曜日― ※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
当日券 : 一般 1,600円
<経費>当日券+交通費+ランチ代~1500円位j迄



                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

ブータン


ブータン国王の悲哀(訴え)に日本はどう応えるのか!?!―――20170816-180

 あの平和な国が中国から侵略されているのをご存知だろうか?! 温厚な国王と国民の悲痛な思いは如何ばかりか、我々の想像を越えている・・。マスゴミにも載らない有り様だ。日本は礼に対して非礼で応えるのか!?!
com-02361

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

幸福度指標で話題になり、ブータン国王の提唱した国民総幸福量(GNH)

 国民総幸福量(GNH)とは、1972年にジグミ・シンゲ・ワンチュク第4代ブータン国王が、「国民総幸福量(GNH)は国民総生産(GNP)よりも重要である」として提唱した概念である。持続可能な発展において、進歩について考慮する際は、全体的なアプローチを取り、幸福の非経済的な側面も重視するべきだという考え方である。


 「持続可能な社会経済開発」「環境保護」「伝統文化の復興」「優れた統治力」という四つの柱を基に、「心理的幸福」「時間の使い方とバランス」「文化の多様性」「地域の活力」「環境の多様性」「良い統治」「健康」「教育」「生活水準」の九つの指標が設定されている。


 世界のあちこちで、GNHにならった幸福度指標をつくる動きが進められている。日本でも、東京都荒川区(GAH: Gross Arakawa Happiness)、浜松市(GHH:Gross Hamamatsu Happiness)などが取り組んでいる。「幸福度指標」は心ある世界のリーダー達に注目されたものである。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


危機に遭遇している親日国ブータン国中国の侵略

 平和なブータンが中国に侵略されてるらしい・・・ 。中国に侵略されるブータン王国、既に国土の約20%が
不法占拠
され、領土を侵略され奪われ実効支配されているらしい。

 中国(チベット自治区)と接するブータン北西部の領土に中国の人民解放軍がじわじわと侵入し、 2006年のブータン政府の発表では、多くの領土を侵略され実質的に不法占拠され中国領になってしまったとのことだ。 以前との差は、約8,000平方キロ。兵庫県とほぼ同じ広さである。

 ブータンは国土の北西部を中国と接している。 国境線を警備する人民解放軍が数年を掛けて南下し侵入。
ブータン領土内に小屋や施設を作り、さらには道路まで作る有り様だ。

 国境線を書き換える暴虐行為 南シナ海どころではない!ウィグル・チベット・ネパールの次はブータンか!!!
ブータンでは知らぬ間に国土の2割も奪われていたが手も足も出ない。気づいたらそこはすでに実効支配。

 人民解放軍が南下した理由は、冬虫夏草の採集とヤクの狩猟なのだ。

 人民解放軍は冬虫夏草を投機目的の 中国人に売り捌き、ブータンの人々にとって 貴重なタンパク源であるヤクは激減。いずれイナゴの群れの如く盗り尽くす事だろう。

 実はブータンにも軍隊がありますが、7千名程度の陸軍がメインで空軍はありません。人民軍に対抗するには足りませんでした。 所詮圧倒的な軍事力には屈するしかないのでした。 国連や日本はすぐに国連軍を派遣するべきた゛。

 ヤクザが恫喝と力で押しかけてきたら、武器無き家は明け渡すしかありません。 中国はブータンの軍事事情を承知で実効支配を始めたわけです。 正真正銘の泥棒国家です。

 日本も他人事ではありません。憲法9条で縛られている自衛隊では暴虐国家に対抗するには不十分です。
日本は、とっとと憲法改正を実現すべきです。

 中国にいまだODAの形で渡し続けている莫大な金額をやめてその金額を全て日本の国防費に回すべき時です。

 ・対中国円借款― 承諾累計: 3兆3,165億円 (231プロジェクト)

 ・無償資金協力(ENベース)― 累計 1,574.50億円 (2014年)
 ・技術協力 (JICAベース)―   累計   1,840億円 (2015年)

※・環境大気中のオゾン及びPM2.5抑制計画策定に係る人材育成等日本の環境との関連性もあり、無視できない援助協力を含む故に単純に切り捨てる事が出来ないのが現状である。

 ・遼寧省との揮発性有機化合物(VOC)対策協力事業(2015年)等地方からの要請もあるから続けられているわけだ。

 心底では、「マジでふざけんな~!!」ならずもの侵略国 支那 中国!! と言いたいのだ。

 
●ブータン国王の品格と名演説― 

 2011年11月17日、来日したワンチュク ブータン国王が、衆院本会議場で演説をされた。(Youtube参照)

 リアルタイムで拝聴することはかなわなかったが、あとで全文を拝読し、その心暖まる言葉の数々に、感動で目頭が熱くなった。

 勝手な想像だが、このスピーチは単に外交辞令としてのお世辞を羅列した作文ではなく、国王の日本に対する愛情に裏打ちされたものだったのだろう。そうであるからこそ、人の心、日本人の心を揺さぶるのだ。

 国王のスピーチが終了すると、衆議院本会議場は出席議員らがスタンディング・オベーションで応えた。中には感動して涙した議員もいたという。

 しかし正直に言うと、私が覚えた感覚は感動や感謝が半分、羞恥が半分という、複雑なものだった。


親日国ブータンの「品格」

 昭和天皇崩御の際、大喪の礼に参列した先代のブータン国王が、下記のような逸話を残している。

 1989年2月24日、34歳のジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が、昭和天皇の大喪の礼参列のため、民族衣装「ゴ」の礼服姿で数人の供を連れて来日した。他の国の首脳の多くが日本から経済的な協力を得るために、葬儀の前後に日本政府首脳と会談する弔問外交を行うなかで、ブータン国王はこうした弔問外交を行わず、大喪の礼に出席して帰国した。

 新聞記者が理由を尋ねると、国王は、「日本国天皇への弔意を示しに来たのであって、日本に金を無心しに来たのではありません」と答えた。また、同年には1ヶ月間も喪に服した。

 日本の武士道を見るようだ。礼を重んずるということ以上に、品格が滲み出ている。

 そういえば、先の宮中晩餐会における乾杯の際、王妃はご自分のグラスが皇太子さまのグラスの上に行かないように半ばかがむように気を遣って乾杯しておられた。ブータンは人口70万という小さな国だが、国家の品格は国家規模には比例しない。


●礼に非礼でこたえる者たち―

 このスピーチの前日の宮中晩餐会を欠席した閣僚が数名いる。他の議員の事情は知らぬが、そのうち一川保夫防衛相は、民主党の高橋千秋参院議員の政治資金パーティーに出席している。それも、「ブータン国王が来日し宮中で行事があるが、私にはこちらの方が大事だ」という、信じ難い言葉を吐いて、である。

 ちなみに高橋千秋議員は、菅改造内閣において外務副大臣だったわけで、外交のツボは押さえているべき人物である。呼ぶ高橋議員も呼ばれていく一川大臣も、宮中行事より、金集めと選挙のほうが優先されると考えているのだ。

 一川氏ら欠席議員は、ふたつの不遜を働いたことになる。ひとつはブータン国と国王へ、もうひとつは日本の皇室へだ。礼に非礼で応えるこの者たちが、果たして国民を代表する議員でありえるのか。

 いや、議員、閣僚などという以前に、“人として”ダメすぎる。これが私が日本人として感じた羞恥のひとつだ。


●国王のスピーチが投げかけたもの―

 ワンチュク国王は、日本と日本人を、言葉の限りを尽くして称賛された。本来であればこの賛辞を有難く受け止め、日本とブータンの政治、文化、人などの様々な交流が今後益々発展すれば・・・と、積極思考に向かえば良いのである。

 しかし、その最大級の賛辞をストレートに受け入れられない現実がある。「自己よりも公益を高く位置づける強い気持ち」を実践したのは、他ならぬ東日本大震災の被災者だ。これは世界からも称賛された。

 しかし、「これまで以上にリーダーにふさわしい」という言葉は、残念ながら今の政治には当てはまらない。
「名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民」という言葉を、どれだけの日本人が自分達の生き様として捉えられるのだろうか。
そのような価値観を日本人が伝統的に継承してきたことは確かだ。

 だが、そういった過去の伝統的価値観を否定し、過去と現在を分断しようとしてきた進歩的文化人、マスメディア(マスゴミ)、政治家、運動家が、決して小さくない影響力を及ぼしているのも、日本の現実である。

 ワンチュク国王の言葉は、「日本人よ、かくあれ」という激励とも取れる。その激励や賛辞に感謝し、応えるのは当然だが、戦後の自虐史観にとらわれることなく、誇れる国を自分たちの手で作り、守っていくという自覚が、現代の日本人には必要なのだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇ブータン国王 演説(全文)―

 天皇皇后両陛下、日本国民と皆さまに深い敬意を表しますとともにこのたび日本国国会で演説する機会を賜りましたことを謹んでお受けします。衆議院議長閣下、参議院議長閣下、内閣総理大臣閣下、国会議員の皆様、ご列席の皆様。世界史においてかくも傑出し、重要性を持つ機関である日本国国会のなかで、私は偉大なる叡智、経験および功績を持つ皆様の前に、ひとりの若者として立っております。皆様のお役に立てるようなことを私の口から多くを申しあげられるとは思いません。それどころか、この歴史的瞬間から多くを得ようとしているのは私のほうです。このことに対し、感謝いたします。

 妻ヅェチェンと私は、結婚のわずか1ヶ月後に日本にお招きいただき、ご厚情を賜りましたことに心から感謝申しあげます。ありがとうございます。これは両国間の長年の友情を支える皆さまの、寛大な精神の表れであり、特別のおもてなしであると認識しております。

 ご列席の皆様、演説を進める前に先代の国王ジグミ・シンゲ・ワンチュク陛下およびブータン政府およびブータン国民からの皆様への祈りと祝福の言葉をお伝えしなければなりません。ブータン国民は常に日本に強い愛着の心を持ち、何十年ものあいだ偉大な日本の成功を心情的に分かちあってまいりました。3月の壊滅的な地震と津波のあと、ブータンの至るところで大勢のブータン人が寺院や僧院を訪れ、日本国民になぐさめと支えを与えようと、供養のための灯明を捧げつつ、ささやかながらも心のこもった勤めを行うのを目にし、私は深く心を動かされました。

 私自身は押し寄せる津波のニュースをなすすべもなく見つめていたことをおぼえております。そのときからずっと、私は愛する人々を失くした家族の痛みと苦しみ、生活基盤を失った人々、人生が完全に変わってしまった若者たち、そして大災害から復興しなければならない日本国民に対する私の深い同情を、直接お伝えできる日を待ち望んでまいりました。いかなる国の国民も決してこのような苦難を経験すべきではありません。しかし仮にこのような不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日本国民であります。私はそう確信しています。

 皆様が生活を再建し復興に向け歩まれるなかで、我々ブータン人は皆様とともにあります。我々の物質的支援はつましいものですが、我々の友情、連帯、思いやりは心からの真実味のあるものです。ご列席の皆様、我々ブータンに暮らす者は常に日本国民を親愛なる兄弟・姉妹であると考えてまいりました。両国民を結びつけるものは家族、誠実さ。そして名誉を守り個人の希望よりも地域社会や国家の望みを優先し、また自己よりも公益を高く位置づける強い気持ちなどであります。2011年は両国の国交樹立25周年にあたる特別な年であります。しかしブータン国民は常に、公式な関係を超えた特別な愛着を日本に対し抱いてまいりました。私は若き父とその世代の者が何十年も前から、日本がアジアを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。すなわち日本は当時開発途上地域であったアジアに自信と進むべき道の自覚をもたらし、以降日本のあとについて世界経済の最先端に躍り出た数々の国々に希望を与えてきました。日本は過去にも、そして現代もリーダーであり続けます。
 このグローバル化した世界において、日本は技術と確信の力、勤勉さと責任、強固な伝統的価値における模範であり、これまで以上にリーダーにふさわしいのです。世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識してまいりました。これは神話ではなく現実であると謹んで申しあげたいと思います。それは近年の不幸な経済不況や、3月の自然災害への皆様の対応にも示されています。

 皆様、日本および日本国民は素晴らしい資質を示されました。他の国であれば国家を打ち砕き、無秩序、大混乱、そして悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民の皆様は最悪の状況下でさえ静かな尊厳、自信、規律、心の強さを持って対処されました。文化、伝統および価値にしっかりと根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは、我々の現代の世界で見出すことはほぼ不可能です。すべての国がそうありたいと切望しますが、これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく、何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。それは数年数十年で失われることはありません。そうした力を備えた日本には、非常に素晴らしい未来が待っていることでしょう。この力を通じて日本はあらゆる逆境から繰り返し立ち直り、世界で最も成功した国のひとつとして地位を築いてきました。さらに注目に値すべきは、日本がためらうことなく世界中の人々と自国の成功を常に分かち合ってきたということです。

「ブータンには寺院、僧院、城砦が点在し何世代ものブータン人の精神性を反映しています」 ご列席の皆様。私はすべてのブータン人に代わり、心からいまお話をしています。私は専門家でも学者でもなく日本に深い親愛の情を抱くごく普通の人間に過ぎません。その私が申しあげたいのは、世界は日本から大きな恩恵を受けるであろうということです。卓越性や技術革新がなんたるかを体現する日本。偉大な決断と業績を成し遂げつつも、静かな尊厳と謙虚さとを兼ね備えた日本国民。他の国々の模範となるこの国から、世界は大きな恩恵を受けるでしょう。日本がアジアと世界を導き、また世界情勢における日本の存在が、日本国民の偉大な業績と歴史を反映するにつけ、ブータンは皆様を応援し支持してまいります。ブータンは国連安全保障理事会の議席拡大の必要性だけでなく、日本がそのなかで主導的な役割を果たさなければならないと確認しております。日本はブータンの全面的な約束と支持を得ております。

 ご列席の皆様、ブータンは人口約70万人の小さなヒマラヤの国です。国の魅力的な外形的特徴と、豊かで人の心をとらえて離さない歴史が、ブータン人の人格や性質を形作っています。ブータンは美しい国であり、面積が小さいながらも国土全体に拡がるさまざまな異なる地形に数々の寺院、僧院、城砦が点在し何世代ものブータン人の精神性を反映しています。手付かずの自然が残されており、我々の文化と伝統は今も強靭に活気を保っています。ブータン人は何世紀も続けてきたように人々のあいだに深い調和の精神を持ち、質素で謙虚な生活を続けています。

 今日のめまぐるしく変化する世界において、国民が何よりも調和を重んじる社会、若者が優れた才能、勇気や品位を持ち先祖の価値観によって導かれる社会。そうした思いやりのある社会で生きている我々のあり方を、私は最も誇りに思います。我が国は有能な若きブータン人の手のなかに委ねられています。我々は歴史ある価値観を持つ若々しい現代的な国民です。小さな美しい国ではありますが、強い国でもあります。それゆえブータンの成長と開発における日本の役割は大変特別なものです。我々が独自の願望を満たすべく努力するなかで、日本からは貴重な援助や支援だけでなく力強い励ましをいただいてきました。ブータン国民の寛大さ、両国民のあいだを結ぶより次元の高い大きな自然の絆。言葉には言い表せない非常に深い精神的な絆によってブータンは常に日本の友人であり続けます。日本はかねてよりブータンの最も重大な開発パートナーのひとつです。それゆえに日本政府、およびブータンで暮らし、我々とともに働いてきてくれた日本人の方々の、ブータン国民のゆるぎない支援と善意に対し、感謝の意を伝えることができて大変嬉しく思います。私はここに、両国民のあいだの絆をより強め深めるために不断の努力を行うことを誓います。
 改めてここで、ブータン国民からの祈りと祝福をお伝えします。ご列席の皆様。簡単ではありますが、(英語ではなく)ゾンカ語、国の言葉でお話したいと思います。
「(ゾンカ語での祈りが捧げられる)」

 ご列席の皆様。いま私は祈りを捧げました。小さな祈りですけれど、日本そして日本国民が常に平和と安定、調和を経験しそしてこれからも繁栄を享受されますようにという祈りです。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私も感謝と羞恥心で、演説をYoutubeで聴きました。当時の国会に在日議員が90人?いる民主党では、反天皇で日本人ではないから、お金と政権が大事なのもうなずけます。

 売国議員なんかと品格が違いすぎて、日本人に話された言葉だから残念な現状に恥ずかしくもありますが、改めて日本人は勇気と誇りに目覚めて元気になったのではないでしょうか。

ブータン国王ほんとによく言ってくださったと、感謝 感謝です!^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15~18日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けなかった・・。^^; 格安なモノは超少ないだろうが今後見つけなければならない・・。 


8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

com-02177

◆貧困・格差の現状と分厚い中間層の復活に向けた課題――――20170815-179

 バブル崩壊後の日本経済は、不良債権問題による金融機関や企業におけるバランスシートの毀損が、実体経済の活動を抑制したことにより低成長が続いた可能性がある。また、その影響が、製造業における国際競争の激化とも相まって、所得環境の長期にわたる悪化につながったと考えられる。

 すなわち、企業のコスト削減及び弾力化のニーズにより非正規雇用者が増加し、それに伴い格差も拡大したのではないか。また、こうしたことが、消費の伸び悩みを通じた経済の停滞の要因ともなったのではないだろうか。

 人口減少社会に突入し、高齢化が進んでいる中、社会を支える層として、「自ら働いて人間らしい生活を営むことができる」分厚い中間層70の復活が求められている。

 では、これまで生じてきた非正規雇用者の増加や貧困・格差の要因を企業行動、労働者の行動の両面から分析するとともに、求職者支援制度の創設を始めとしたセーフティネットの強化、雇用政策と福祉政策の連携強化について現状と課題を整理する。

 その上で、経済・社会の在り方として、雇用の二極化や所得の減少よりも分厚い中間層の実現が消費の拡大等経済面を始め、社会の安定も含めて望ましいのではないかとの観点から、非正規雇用者の増加や賃金の伸び悩みの消費などの需要、少子化・生産性などのマクロ経済への影響等について分析する。


● 非正規雇用者、貧困・格差の現状、背景とその問題点・対策―

 日本経済は、戦後の高度成長期において高い成長を実現し、世界第二位71の経済大国になるとともに、国民生活は豊かなものとなったが、バブル崩壊以降の長引く不況の下で成長は鈍化し、失業率は上昇するなど国民生活の水準は低下傾向が続いている。また少子高齢化の進展や、アジアを中心とした新興国の台頭など
に伴う国際競争の激化などの構造的な課題を抱えている。

 このような経済環境下で企業が置かれている経営環境も厳しさが続く中、雇用面においても、非正規雇用者比率が年々上昇を続け2011年10~12月期に35.7%となり、長期失業者割合も同期に44.2%となるなど厳しい状況が続いている。

 このような中で、一人当たり国民所得は世界の中で相対的な順位を落としてきており、また格差や貧困が広がったと言われるなど、生活や雇用に不安を抱える人が増加していると考えられる。

 日本経済が自律的な回復の軌道に乗り、安定的な成長を継続していくためには雇用を安定させることが重要であり、「分厚い中間層」を再形成するためにも雇用政策と福祉政策が緊密に連携していくことが必要である。

ここでは、日本経済における格差・貧困の状況を概観すると共に、「分厚い中間層」という観点からも雇用・福祉の面から課題となる非正規雇用者・無業者・失業者が抱える問題や、近年増加している生活保護の実態について分析を行う。


1 経済の動向―

まず、背景となる日本経済のこれまでの動向について概観する。

● 日本の名目国内総生産は1997年をピークに減少―

 日本経済のこれまでの動向については、最近の国内総生産(GDP)の推移をみたとおり、バブル崩壊後に成長が鈍化した名目GDPは、1997年をピークに減少に転じた。2000年代に入ると、2002年からの戦後最長の景気拡大期73において緩やかに増加したが、ピークとなった2007年においても1997年の水準を下回っている。

 また、実質GDPは、バブル崩壊後増勢が鈍化する中で2007年まで増加傾向で推移したが、2008年からはリーマンショックの影響もあって減少した。2010年には回復に転じたが、2011年は東日本大震災の影響もあり再び減少した。

 図により、内閣府「企業行動に関するアンケート調査」に基づく実質経済成長率についての企業の見通しと実績を比較すると、バブル崩壊後の実質経済成長率の伸びの鈍化とともに、企業の見通しも低下傾向にある。
GDPと相対的貧困率の推移
"GDPと相対的貧困率の推移"

● 輸出によって支えられてきた日本経済―

 1994年以降の実質GDPの主な需要項目別の推移をみると、大きく増加しているのは輸出入で、民間最終消費支出は横ばい、民間企業設備は2000年代半ばにかけて増加した後減少し、民間住宅と公的固定資本形成はおよそ半減となっている。

 こうした動向を反映して、輸出入のGDPに占める割合は、1994年の1桁から、2000年代の後半にかけておおむね10%台後半にまで上昇している。一方、民間最終消費支出は6割弱の水準で推移している。

● 2000年代に入り崩れてきた経済と人口、労働力の高い相関―

 一国の人口は、需給両面からその国の経済規模を規定する要因となる。すなわち、人口は消費を始めとする国内の需要を規定する要因であり、労働力人口あるいはその土台となる15歳以上人口、生産年齢人口(15~64歳の人口)は生産要素である労働力の潜在的な供給力を示し、就業者数、雇用者数は実現された労働力供給となる。

 このため、一国の経済動向は、長期的にはその国の人口、労働力の伸びと同様の動きをすると考えられる。そこで、実質GDP、人口、労働力に関する人数の長期の推移についてみると、程度は異なるものの、人口等の増加と相まって経済規模が拡大してきた。

 GDPと人口、労働力関係の数について各々の間の相関係数をみると、長期的にはおおむね0.9を上回る高い相関関係があり、人口関係では生産年齢人口よりも15歳以上人口、労働力人口との相関が高くなっている。

 ただし、1994~2011年の相関係数をみると、名目GDPでは人口、15歳以上人口、雇用者数でマイナス、実質GDPでは生産年齢人口、労働力人口、就業者数でマイナスの相関となり、その関係が崩れてきている。

 このようなバブル崩壊後の日本経済の停滞は、引き金としては不良債権問題による金融機関や企業におけるバランスシートの毀損が、実体経済の活動を抑制した可能性が高い。

 日本経済停滞の初発的原因に、①対外直接投資による国内需要の減少、②三度にわたる金融危機(バブル崩壊、アジア通貨危機、リーマンショック)の消費需要への抑制的効果、をあげている。

 その上で、フローチャートを示して、前に示した2つの原因に基づく有効需要の低下が生産を滞らせ、それが失業率の上昇による教育環境(能力開発の環境)の悪化、ひいては労働生産性上昇率の低下が名目賃金上昇率の低下をもたらし、ディスインフレ76と消費の停滞から有効需要の低下へと同じことが繰り返され、長期停滞状態へと落ち込んだとしている。

 このような悪循環が生じている場合、何らかの方法で断ち切らないと、今後も同様の状況が続く可能性が強い。なお、第1章第1節でも触れたとおり、日本経済は依然として需要不足が続いている。

2 家計・雇用者の格差・貧困の現状―

 日本では国民の生活意識として、世間一般からみると中流であるという意識が強く、その様態は「一億総中流」であると言われてきたが、これまでみたように1990年代以降低成長時代に突入し、2000年代前後から「格差・貧困」を巡る議論が活発化してきた。以下では日本における格差と貧困の現状について、その動態を分析する。

● 生活の程度が「中」と考える国民の割合はこの40年間で上昇??―

 まず、世間一般からみた相対的な生活の程度についての国民の意識をみると、2011年で「中の中」と回答した者の割合は全体の56.1%で、40年前の1971年の56.3%と何故かほとんど変わっていない。「中の上」、「中の下」も含め、「中」と考える者の割合は、2011年で92.2%と1971年の89.4%よりも上昇している。(何故か?!鈍感になっているのだろうか・・? )

 一方、「上」と考える者の割合は依然として1%に満たず、「下」と考える者の割合も1桁台で緩やかな低下傾向にある。(何故か?どう言う数字のマジックなのか? ! )

このように、国民の意識面からは、生活面で「中」と考える層はこの40年間でやや拡大(ウソだろう?!)している。

● 再分配後のジニ係数は横ばいで推移―

 このような国民意識の中、日本における格差の現状はどうなっているだろうか。また、格差の拡大は低所得者層の増加につながっていることも考えられ79、合わせてみることとする。

 代表的な格差指標であるジニ係数80の、各種統計調査に基づく推移である。統計によって調査対象や方法が異なるためジニ係数の水準に違いがあり、相互の水準を比較することは適当ではないが、厚生労働省「所得再分配調査」における「当初所得」のジニ係数は緩やかに上昇している一方、その他はおおむね横ばいとなっている。

 厚生労働省「国民生活基礎調査」や総務省統計局「全国消費実態調査」のジニ係数は、社会保障給付金を含む課税前所得で算出しているのに対し、「所得再分配調査」における「再分配所得」のジニ係数は、「当初所得」から税金・社会保険料を控除し、社会保障給付を加えたもので算出している。「所得再分配調査」によると、税・社会保障によって再分配後の不平等度が低下していることがわかる。

 また、「当初所得」におけるジニ係数の上昇は、近年の人口の高齢化や単独世帯の増加などの世帯の小規模化によるところが大きく、2005年と2008年の「所得再分配調査」の結果においては、そうした要因を除くとジニ係数はむしろ低下する。このことから、「所得再分配」も併せて考えると、ジニ係数に基づく限り、近年、格差が拡大しているとは必ずしも言えない。(ホンマかいな~?!?!・・)

 貧困率83の推移をみると、上昇傾向となっており1985年の12%から2009年の16%まで4%ポイント上昇している。また中央値・貧困線(等価可処分所得の中央値の半分)は1997年以降低下しており、全体の所得水準が低下傾向にある中で、より低い所得に置かれる人が増加している。

 これを平均値や中央値を下回る所得水準のいくつかの例について具体的にみると、「全国消費実態調査」における2人以上世帯の年収300万円未満、500万円未満世帯、単身世帯の200万円未満、300万円未満世帯、「国民生活基礎調査」における200万円未満、300万円未満世帯のいずれについても増加を続けている。

 このような背景として世帯主の年齢階級別の年間収入をみると、勤労者世帯においても50~54歳層をピークとして年齢上昇に伴い年間収入が減少していくが、総世帯の方が減少幅が大きく、また労働者の引退が多くなる65歳層以上の所得分布をみると、世帯主が65歳以上の世帯や高齢者世帯は相対的に低い年収の割合が高くなっている。このことは高齢者世帯が引退して年金受給者層となることで収入が減少することが多い
ことと整合的であるが、年収が相対的に低い世帯の増加については高齢化による年齢構成変化も考え
る必要がある。

 そこで年収が相対的に低い世帯の増加を年齢構成変化要因と、同一年齢階層内の所得変化要因に分解すると、調査対象年にもよるが、低所得世帯の増加は高齢化により半分近く説明できることがわかる。しかし同時に同一年齢階層内での所得によっても半分近く説明できることとなる。

● 非正規雇用の低所得者の割合が上昇―

 ここまで世帯単位における所得をみてきたが、次に、一人当たりの雇用者所得でみていこう。「就業構造基本調査」により、役員を除く雇用者を正規雇用者と非正規雇用者に分けて年収分布を表したものである。これをみると2007年において非正規雇用者の年収は500万円未満の範囲にほぼ収まっており、特に200万円未満に多く分布している。

 また、1997~2002年、2002~2007年の非正規雇用者の所得分布の変化をみると、100~300万円の層の割合が上昇している。

 したがって雇用者所得という観点からみたとき、雇用者間に所得格差が拡大しているとすれば「非正規雇用者」の増加が一因と考えられる。雇用者所得を正規雇用者と非正規雇用者のグループにわけ、格差を計測する指標であるMLD(平均対数偏差)85の変化を要因分解すると、1997~2002年、2002~2007年においては正規雇用者と非正規雇用者のグループ比率の変化、すの現状を整理するとともに、企業の雇用管理の動向、家計状況も含めた労働者が抱える個別の課題についてみていく。

● 非正規雇用者は長期にわたり増加―

まず、正規の職員・従業員(以下「正規雇用者」という。)数と正規の職員・従業員以外の雇用者(以下「非正規雇用者」という。)数の推移をみると、正規雇用者数は1990年代後半から減少傾向、非正規雇用者数はほぼ一貫して増加傾向が続いている。

 こうした動きを受けて、非正規雇用者比率も1990年代前半を除きほぼ一貫して上昇傾向となっており、2011年1~3月期には過去最高の35.4%、2012年1月~3月期には35.1%となった。

 なお、2011年の正規雇用者数は、前年差28万人減の3,327万人、非正規雇用者数は同46万人増の1,802万人、非正規雇用者比率は前年差0.7%ポイント上昇の35.1%となっている。

 非正規雇用者について、2011年の雇用形態別の内訳をみると86、パートは865万人(非正規雇用者全体に占める割合は48.0%)、アルバイトは359万人(同19.9%)、労働者派遣事業所の派遣社員(以下「派遣社員」という。)は96万人(同5.3%)、契約社員・嘱託は357万人(同19.8%)、その他は126万人(同7.0%)となっている

◇●非正規労働者の把握のための統計整備について―

 日本の雇用構造は、時代の変化とともに非正規労働者の割合が雇用者の3割を超え、非正規労働者の中でも、働き方の多様化に伴い、パート、アルバイト、派遣労働者、契約社員と就業形態が様々である。

 これら有期、短時間、派遣など、いわゆる「非正規雇用」の多様性を踏まえつつ、雇用が不安定、経済的自立が困難、職業キャリアの形成が十分でないなど共通する課題に総合的に対応し、一人ひとりの労働者が希望する社会全体にとって望ましい働き方を実現する観点から、今後の雇用労働政策のあり方としては、雇用の安定や、公正な待遇の確保などの基本的考え方に立ち、着実に実施することが重要である。

 非正規雇用対策を実施するに当たっては、非正規雇用の実態を継続的に把握し、機動的に施策に反映させていくことが重要であり、政府全体として、非正規雇用について、労働者数、労働契約の期間の定めの有無、業務内容、労働時間、賃金など基本的な指標を継続的に把握できるよう、統計調査を整備・充実することが必要である。

 一方、政府の統計調査は、大きく分けて世帯調査と事業所調査があるが、両統計調査間では同じ事項を調査する場合でも、統計調査間で定義や範囲が必ずしも一致していない状況にある。これは個人(労働者や失業者など)と事業主といった回答者の立場に応じて設問が設定されているためであるが、統計利用者の視点に立てば、統計調査により非正規労働者の実態を把握しにくくなっているという側面がある。

 ・世 帯 調 査 ― 各世帯に調査票を配布し、就業状態、(パートなど)職場での呼称や労働時間を本人や家族が回答。事業所調査  事業所に調査票を配布し、各労働者の雇用契約期間や「賃金台帳」などを基に、労務担当者などが回答。

 また、同じ事業所調査でも調査の目的により調査区分が設定されているため統計調査横断的に同じ区分であるとは限らない。

 しかし、統計委員会などの指摘を受け、労働力調査や雇用構造調査などにおいては雇用契約の有期・無期の設問が追加されるなど、一部の統計調査の調査項目では改善がなされるなどの動きがみられる。

 今後は、統計委員会などで、非正規労働者の実態把握のための統計整備について更に議論が進められると思われるが、厚生労働省「望ましい働き方ビジョン~非正規雇用問題に総合的に対応し、労働者が希望する社会全体にとって望ましい働き方を実現する~」において、正規雇用以外の者の把握方法として、3種類の角度から分類し複数の要素を組み合わせて整理することが一つの方策として示されており、ここではその区分での整理の一例を紹介する。

 具体的には、①直接雇用/間接雇用(派遣)、②労働契約の期間の定めの有無、③所定労働時間で分類するものであるが、これら3つの区分で雇用者を分けてみると、育児等のために短時間就労している正社員やフルタイムパートが把握しにくいという問題点もあるが、有期短時間労働者といった雇用形態別に大まかながら全体像を把握することが可能となる。

 この区分以外に現在世帯統計では職場での呼称についての設問があるが、呼称については統計利用者が考える非正規労働者のイメージに合っているため引き続き残すべきとの考え方もある。このような、複数の統計において同じ定義・対象区分による統計調査の実施が期待される。

● 性、年齢別にみた非正規労働者の現状―

 労働力調査において、2010年の正規雇用者と非正規雇用者の年齢分布をみると、正規雇用者は35~44歳層で930万人(27.7%)と最も多く分布し、年齢が高まるほど少なくなる一方で、非正規雇用者は55~64歳層で387万人(23.6%)と最も多く分布87しているが、正規雇用者と比較して均一に分布している。

 さらに、2010年の非正規雇用者を性・雇用形態別にみると、第2-(1)-16図のとおり、男性については、パートでは55~64歳層、65歳以上層に、派遣社員では25~34歳層に、契約社員・嘱託では55~64歳層に多く分布している。一方女性については、第2-(1)-17図のとおり、パートでは35~44歳層、45~54歳層に、派遣社員では25~34歳層、35~44歳層に多く分布している。

 男性では契約社員・嘱託が定年退職後の継続雇用、再雇用の場となっていることがみて取れる。また女性については結婚・出産後、仕事と家庭との両立の観点から、労働時間が相対的に短いパート等で働くことが多いことが反映されている。

 非正規雇用者の年齢分布をみると、正規雇用者と比較して相対的に高齢層の割合が高いため、年齢構成の高齢化により非正規雇用者比率が上昇することも考えられる。そこで、第2-(1)-18図により、2003年以降の非正規雇用者比率の変化を雇用者の年齢構成変化要因と年齢階層別非正規雇用者比率変化要因に分解すると、雇用者の年齢構成の変化は非正規雇用者比率の上昇要因となってはいるが、その要因は2005~2007年頃88を除くと小さく、大部分が同一年齢階層内の非正規雇用者比率の変化によって説明される。

● 非正規雇用者増加の背景―

 こうした非正規雇用者の増加について、その背景をみていこう。まず、労働者が非正規雇用を選択した理由についてみると、「自分の都合のよい時間に働けるから」が38.8%、「家計の補助、学費等を得たいから」が33.2%、「通勤時間が短いから」が25.2%、「正社員として働ける会社がなかったから」が22.5%となるなど、多様な理由により選択されていることがわかる。

 また、企業が非正規雇用者を活用する理由についてみると、「賃金の節約のため」と回答した割合が2003年には51.7%、2007年には40.8%、2010年には43.8%と最も大きな割合となっている。

 また、「1日、週の中の仕事の繁閑に対応するため」が2010年で33.9%、「景気変動に応じて雇用量を調整するため」が2010年で22.9%となるなど、雇用量の柔軟な調整のために非正規雇用を活用する割合も高くなっている。

 実際に非正社員の活用が経営の柔軟化に役立っているとした企業にその理由を聞くと、「景気変動に対応して雇用量を調節できるようになった」(38.6%)、「賃金の時間当たり単価が節減できるようになった」35.5%)の順に高くなっている。

 なお、男性の高齢者に契約社員・嘱託が多いことを前にみたが、前掲付2-(1)-25表においても、「高年齢者の再雇用対策のため」と回答している事業所が2003年の14.2%から2007年の18.9%、2010年の22.9%と上昇傾向にある。

 また、雇用形態と雇用契約期間の状況をみると、非正規雇用者のうち、雇用契約期間が1年超または期間に定めがない「常雇」は、2009年にはリーマンショックの影響による派遣社員の減少を中心として90、前年差33万人減と大きく減少したが、2010年には同32万増と増加し、2011年は岩手県、宮城県、福島県を除く44都道府県ベースで42万人増となった。一方で、正規雇用者における「常雇」は2008年以降減少が続いており、正規雇用者が非正規雇用者に代替される傾向が続いていることが推測される。

 さらに、企業において非正社員に占める常用雇用の割合を常用期間別にみると、常用期間が1年以上である非正社員が8割以上を占める企業は全体の55.2%と半数を上回り、3年以上でも25.2%と4分の1を上回っている。

 以上から、労働力需要の側からは非正規雇用者が人件費の削減と雇用の調整時における緩衝材として活用される側面もあると言える。(労働者の生活程度・幸福度・基本的人権等は無視される傾向で異常と言える)


●各国の非正規雇用と非正規雇用の国際比較について―

 非正規雇用が増加しているのは日本だけでなく、各国共通の現象であると言われている。一方、非正規雇用の実態は国によって異なっている。そこで、欧米の現状について整理するとともに、非正規雇用者の種類別に国際比較を行った。

【日米欧の非正規雇用概念の比較】

アメリカでは雇用形態・労働条件に関する法規制がほとんどなく、そのときどきの労働市場環境から派生し定着した雇用形態が、非典型雇用の事実上のスタンダードとして存在するのに対し、ヨーロッパでは法規制が重要な役割を担っており、国によって様相は異なるが、非典型雇用形態が法規制の対象となる国が多い。

 また、日米にない概念として職業訓練生と雇用政策上の雇用という非典型雇用のカテゴリーが存在する。さらにヨーロッパでは、「反社会的な勤務形態」が非典型雇用の概念に含まれる。日米では、深夜勤務や交替勤務であってもフルタイムで長期雇用であれば、通常典型雇用とみなされる。

 日本の統計上、及び実態として存在する「労働時間の長短を問わず勤め先での呼称によって定義される『パートタイマー、アルバイト』」、いわゆる「呼称パート」「疑似パート」については、欧米から見ると理解しにくい概念である。

 また、欧米では派遣労働は一般的に数カ月程度の短期の就業形態であるのに比べ、日本の派遣労働には「常用型」という制度的区分があり、「登録型」に対して典型雇用に限りなく近いカテゴリーといえる。
                         つづく・・。 (厚生労働省資料を参照・転載 ) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けないかもね・・。^^;


8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

ストームチェイサ―作品

◆政府は副業推進だが・・それでも広がらない理由――――20170815-178


◇絶景!雨上がりの幻想的な雲海―湖南省

 雨上がりの晴れた空が広がる湖南省張家界市武陵源景勝地では9日、幻想的な雲海の絶景が広がり、各地から訪れた観光客たちは時間を忘れてその美しい景色を眺めていた。と中国新聞網が伝えた。

 幾重にも重なる雲海は、時に波のように流れていき、またある時には石林の間をクネクネとくぐり抜けていた。その様子はまるで仙境を絵に描いたような風景だ。(提供/人民網日本語版・編集TK:Exciteニュースより転載)

湖南省の観光地の雨上がりの雲海



◆政府は副業推進だが。それでも広がらない理由―

 政府は「働き方改革」で、副業や兼業を推進している。各種の調査結果では、多くの労働者が副業や兼業に好意的だが、実際には8割以上の企業が副業を就業規則で禁じている。なぜ副業は広がらないのか―。

 本質的には、国民の皆さん! 思いやりのない不平等社会が当分続きますんでこれ以上国家は面倒見切れませんので勝手に副業でもして自立して下さい。というのが本音だろう。抜本的に貧困格差の解消が何十年も出来てないのだから見捨てるしかない訳だね。ぬくぬくとふんぞり返ってる連中には理解も出来ないし感性も全くないのだから始末に負えない。そんな輩達が権力の座に居座り重要ポストにはハイエナのような奴らが占めているのだから・・。故に何年経っても格差が拡大していて何も問題が解消されていないのだ。国民は米国のグローバリズムの洗脳から早く目覚めて日本人として本来のナチュラルな正しい道に立ち戻らねばならないと思うのだ。

●働き方改革は原則「副業・兼業を認める方針」―

 社員の副業を推進する動きが、官民で盛り上がっている。本当にそうだろうか・・。

 政府は今年3月、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の導入を盛り込んだ「働き方改革実行計画」を発表した。その中に「副業・兼業の推進に向けたガイドラインや改訂版モデル就業規則の策定」という項目があり、こう述べている。

 「副業・兼業を希望する方は、近年増加している一方で、これを認める企業は少ないのが現状だ。労働者の健康確保に留意しつつ、原則副業・兼業を認める方向で、副業・兼業の普及促進を図る」【現状をよく観て、企業が法的に労働者を守るため、罰則を含む修行規則を守らせるように強く働きかけないと、現実の殆どのブラック企業には何の効果も効力も無いものになるだろう。ウィルスの如く蔓延しつつある地獄のような非正規や理由のない首切り(ハケン切り)・差別・パワハラ・セクハラ・自殺・過重労働(=悲劇)等々をなくすための厳罰を含む法律が必要だ。】

 本来は、労働契約によって定められた就業時間のみ労務の提供義務を負うのが原則。会社に正当な理由がない限り、就業時間以外の時間をどのように使うかは労働者本人の自由なはずだ。だが、実行計画が指摘するように、実際は会社の法律である「就業規則」で「副業を禁止」している企業が多い。(唯我独尊のグローバリズム企業の偏見の壁は結構厚いので説得が必要だが、同時に国民を幸福にしたいと真に考えるなら強力な軌道修正させる変革的な「法律」が不可欠だとおもう。)

●兼業・副業を認めない企業は85.3%―(企業幹部達のモラルのない非常識さをよく表しているが、国民を守る国を舐め切っているとしか思えない態度だ。)

 中小企業庁の調査(「兼業・副業に係る取組み実態調査」2014年)によれば、兼業・副業を認めていない企業は85.3%と圧倒的多数を占める。また、厚生労働省のモデル就業規則にも「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」と記載されている。(裏で賄賂を貰わず、悪徳企業=ブラック企業を摘発告訴し企業と関係者の名前を公表すべきである。実際には彼ら悪人は反省も無く懲りない連中だか・・)

 モデル就業規則の規定は多くの会社の実態にのっとったものだが、なぜ会社は就業時間以外の副業を禁止しているのか。主な理由は本業に支障をきたしたり、会社の秘密を競合他社に漏らしたりすることを防ぐためだとされる。さらに、会社に忠節を尽くして働いてほしいという終身雇用下の日本的雇用慣行が背景にあるといわれる。【終身雇用制の日本的雇用慣行はもう既に殆どグローバル化により消滅させられ日本の良さが消え失せたのだ。】現在、国民を犠牲にして来たグローバル経済は米中露のファシスト達と何ら変わらない経済構造となり果てたのだ。為政者は自分の保身しか考えず国民の幸せを考えていないので何の対策も立てる事すら出来ないでいる「現実」なのだ。

 なんとなくわからないではない。だが、それならばなぜ、政府は副業の推進を叫んでいるのだろうか?

 最大の理由は、成長戦略として経済成長の後押しを狙っているからである。副業推進の具体的な効果として、イノベーションの促進、人材確保、人材育成、可処分所得の増加、創業の推進、労働市場の流動化などを挙げている。次は「個の時代」となる予感がするが、単なる流行で無い事を願うばかりである。

 つまり、優秀な人材が持つ技能を他社でも活用することが新事業の創出などにつながり、人材を分け合うことで人材確保にも寄与する。社員にとっても、他社で働くことで自社にはないスキルを獲得し、キャリアアップにつながり、副業をきっかけに起業する人も増えて、なおかつ収入も増える。会社と社員双方にメリットがあり、ひいては経済成長にも寄与するというものだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けないかもね・・。^^;


8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

com-02177

◆個の時代へ移行して行く ―――20170814-177


―◇福沢諭吉の心訓◇―

一、世の中で一番 楽しく立派な事は一生涯を貫く仕事を持つと云う事です
一、世の中で一番 みじめな事は人間として教養のない事です
一、世の中で一番 さびしい事はする仕事のない事です
一、世の中で一番 みにくい事は他人の生活をうらやむ事です
一、世の中で一番 尊い事は人の為に奉仕し決して恩に着せない事です
一、世の中で一番 美しい事はすべての物に愛情を持つ事です
一、世の中で一番 悲しい事はうそをつく事です


●「働き方」は「生き方」であります―

 実際の作者は不明なようですが、「福沢諭吉の心訓七則」と呼ばれてきた古い「人生訓」があります。

 第一則は「世の中で一番楽しく立派な事は一生涯を貫く仕事を持つという事です」で始まり、第三則には「世の中で一番さびしい事はする仕事のない事です」とあります。七つの教訓のうちの実に二つが仕事に関するものになっています。

 実際、我々にとって、まさに働くことは生きることです。「働かざるもの食うべからず」という新約聖書からの引用で広く使われるようになった言い回しもあります。

 「働き方」は「生き方」なのです。

 まじめでストイックな日本人の労働観には、「額に汗水垂らしてこつこつと働くことこそ尊い事だ」と捉える傾向があります。

 最近は知らないですが、昔の小学校の校庭には、薪を背負って歩きながら本を読む二宮尊徳の像がよく飾られていたものです。まさに「勤勉、勤労、献身、奉公」などを尊ぶ姿勢を象徴するものであったと思います。


●「こつこつ」「まじめに」は重要だが―…

 しかし、時は移り、人々の生活習慣や労働環境は激変しました。単にまじめにこつこつ、滅私奉公的、献身的に頑張って働いても、それが必ずしも報いられる世の中ではなくなっています。ハケン労働も十分経験しましたが正直言って心身ともに地獄です。

 それどころか、自分を犠牲にし、組織やトップの都合を優先してまじめに頑張ったつもりでも、気が付いたら会社が倒産したり、不正の片棒を担がされたり、さらには追い詰められて鬱病になったり、リストラされたり、自ら命を絶つようになったりと、ただ一生懸命まじめに働くだけでは人生を台無しにするような事にもなりかねない現状なわけです。

 いつの時代でも同じことですが、どのような基本姿勢で生きるか、がその人の人生を決めるという事です。

 「なにごとも自己責任で生きる」と言えば当たり前の事のようでありますが、果たして、自分の人生をすべて自己責任で生きていると言い切れる人はどのくらいいるのでしょうか。上手くいかない事があれば、上司が悪い、職場が悪い、会社が悪い、政府が悪い、世間が悪い、と言っているだけでは何も解決しないという事なのです。

 つまるところ、今の会社や仕事を選んだのも自分、今の働き方を選んだのも自分自身、と考えるようにすれば、結局すべてのことは自分自身が日頃何を考え、どんな行動をしているか、という事の帰結にすぎない訳です。

 コツコツと真面目に働くことは尊重されるべき事なのですが、何かの理由でもしも思考停止して行動もせず、日々愚痴りながら惰性や受け身で仕事をするスタイルが習性になってしまっていたら要注意だといえます。


●「個」の時代へ、受身スタイルから脱却しよう!!―

 今はまさに「Wisdom of Crowds(群衆の叡智)」の時代だといわれます。インターネットやSNSの人類への最大の貢献は、「個」をさまざまな制約から解放し、「個」の力を格段に増幅した事だと思います。

 信念や行動力のある人にとっては、自分が理不尽と思う事に我慢して従ったり、マジョリティに嫌々同調したりせずとも、もっと自由に生きる新たな手段や選択肢が豊富に与えられた非常に恵まれた時代だといえます。

 会社等の組織は「個」に犠牲を強いるのではなく、働く社員一人ひとりそれぞれの「個」の才能、価値観、倫理観、生活都合などを最大限に尊重した働き方の多様性を認めて行かねばならないと考えます。

 一方で、働く「個」も、意識改革や行動変革に目覚めて、受け身型のスタイルや依存体質から脱却する必要がありましょう。

(※参考: 新・働き方 総合研究所)
com-00068


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けないかもね・・。^^;


8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 家族・父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

ストームチェイサ―作品

◆日本の経済格差と財の再分配の問題:格差社会の考察――――20170814-176


日本の所得格差の拡大と格差社会の意識化―

 株価・地価が高騰するバブル景気に日本国中が沸いた1990年代初めまでは、『日本は貧富の格差が少ない平等な社会』と信じられていました。アメリカの経済学者が、『日本は世界で最も成功した社会主義国だ』という皮肉をつぶやかざるを得ないほどに、『日本の中流階層』を形成する一般労働者の層は分厚かったのです。

 少なくとも1980年代までに限れば、日本は世界の先進国の中でも最も経済格差の小さな国であり、ホワイトカラーとブルーカラーを合わせた国民の大部分が『中流階層としてのアイデンティティ』を持っている国でした。正に『結果の平等』に近い形で「一億総中流社会」がつくられていたわけですが、『分厚い中流層の存在』を可能にしたのは日本の高度経済成長と終身雇用・年功序列賃金といった日本の雇用慣行でした。

 しかし、1991年のバブル崩壊の頃から日本国民の中流階層は緩やかに崩壊し始め、かつてのような横並びの所得水準(賃金体系)に支えられた中流社会を実現できる良好な経済環境も失われていきました。企業の業績が急激に落ち込んだ1990年代に、高校・大学を卒業して新卒の労働市場に臨んだ世代は『氷河期世代(ロスト・ジェネレーション)』と呼ばれ、低賃金の非正規雇用者層の割合が多くなっています。2007年9月の現時点において、ワーキングプア(働く貧困層)やネットカフェ難民などのキーワードに象徴される『生活が苦しい低所得者層の増大』が問題となっていますが、格差社会が始まる遠因となったのが、正規雇用者を減らしてアルバイトやパート・派遣労働者を増やすという企業のコストカット(経費削減)戦略でした。

 バブル崩壊後の日本経済の不況期には、大企業・大銀行の経営難や中小企業の倒産増加などがあり、『新卒者の採用枠の縮小』や『財務的なコストカット』など大幅な経営改革をせざるを得ない状況が生まれていましたが、格差社会が進展した最も基本的な要素は『正規雇用者と非正規雇用者の所得格差』にあると言えるでしょう。

 そして、2007年は、バブル崩壊後の平成不況を乗り越えて『戦後最長の好景気』を謳歌していると言われていますが、生活の苦しい非正規雇用者の待遇改善や正社員としての採用は殆ど進んでいません。大企業やメガバンクの業界再編が進み『史上最高額の営業利益』を上げている企業(銀行)も少なくないわけですが、幾ら巨額の利益を上げても・・・、それらの大手企業が『新卒段階で正社員になれなかった人(20代後半~30代)』を再度雇用しようという動きもありません。

 一度、新卒で入社したら定年するまで生活所得の保障を与えるという『終身雇用制・年功序列賃金の雇用慣行』が崩壊しつつある中でも、大企業・官公庁における『新卒者至上主義』は変化しておらず、就職氷河期などで就職の機会を逃した若者たち(フリーター・派遣労働者・一時的な無職者)はまともな給与の貰える職業に就くことが難しくなっています。まともな給与というのは、結婚して家族を養いある程度の文化的娯楽を楽しめる程度の給与であり“年収300万円以上”程度を想定していますが、バイトなど非正規雇用ではボーナス無しで月収が20万円もあればいいほうで、年収100万円以下という人も少なくないでしょう。大企業における新卒者至上主義というのは、大学の新卒者でないと新規採用しないという伝統的な考え方であり、中途採用市場においても新卒入社者が圧倒的に有利な待遇を受ける雇用制度となっています。

 つまり、現在の日本では、よほど特別な才能や有力な資格を持っていない限り、新卒市場から漏れ出た若者が『正規の職業キャリア』に戻れないような労働市場が形成されているという問題があるわけです。一流大学を卒業していたり有力な資格を取得していても『正社員としての履歴書の空白』があれば大手企業への就職はかなり難しくなりますし、学歴の付加価値の無い高卒者・大卒者ではそれほど労働条件の良くない中小企業への就職も難しいことがあります。日本はかつて受験競争の厳しい『学歴社会』であるというイメージを持たれていましたが、実質的には、新卒採用者以外が正規のキャリアパスを得ることが難しい『新卒優遇社会』であると言えます。

 日本の雇用市場や企業文化は『高度な学歴のプレミアム』さえあれば採用や昇進が有利になるという意味での『学歴社会』ではありませんし、誰もが気軽に参加できる『転職市場・再チャレンジ環境』が成熟していないので、『新卒採用者をメインとした終身雇用制』の風土が多くの企業に残っています。現実的には、学歴の高低よりも『人脈のコネクション』や『新卒採用による職務経験』のほうが企業の採用面接で評価されやすいのです。

 アメリカやイギリスは成果主義・実力主義の国で『学歴の内容』はあまり関係ないように思われていますが、アメリカやイギリスの転職市場で『キャリアアップにつながる仕事』を見つけるためには、国際的な評価のある学歴やMBA(経営学修士号)が非常に有効なものになっています。世界的なアメリカ資本の大企業では、専門的な学位や高度な資格(MBA)、特定分野の博士号が必須条件になっていることも多く、日本企業よりも学歴によるふるいわけが厳しいという意味で本格的な『学歴社会』であると言えます。

 日本の格差社会が深刻化してワーキングプアや非自発的フリーターが増大した背景には、上記した『新卒優遇主義』と1990年代後半に小泉政権下で推進された『新自由主義改革(競争原理に基づく経営効率化と財政再建のための構造改革)』とがあります

 小泉純一郎元首相(国賊と言われる)は、『小さな政府』を目指すために郵政民営化を中心とする構造改革(行財政改革)を行い、経済のグローバリゼーションに適応するための規制緩和を進めましたが、その構造改革によって富裕層(経営者・起業家・投資家)に有利な税制や経済環境が生まれました。

 小泉政権による構造改革には、日本の景気回復(経済成長)と規制緩和を進めて無駄な財政支出を削減するという『光の側面』もありましたが、『高額所得者(富裕層)の減税』と『社会保障の削減』で所得の再分配効果を弱め、個別的事情を無視した『自己責任の原理』を押し付けて経済格差を拡大するという『負の側面』もありました。

 小泉元首相竹中平蔵元総務相(国賊の主要な一人)が推進したアメリカ的な新自由主義改革とは、政府はできるだけ市場経済や社会福祉(国民生活)に干渉せず、『市場原理(競争原理)による財の分配』と『金融市場による富の拡大』を信頼して国民の経済生活を運営していこうというものです。新自由主義経済とは『経済の効率性と成長性』を最優先する経済であり、その結果として『経済の平等性と公平性』が侵害されやすくなり、富裕層と中間層の格差が拡大していきます。

 政府による財の再分配がほとんど行われず、生産性の高い富裕層や効率的な経営をする企業に富が集中するので、『非正規雇用者と代替可能な中間層』の中から貧困層(ワーキングプア・フリーター・ネットカフェ難民)へと脱落していく人口が増えていきます。

 小泉改革の進展する中で、一億総中流社会の崩壊を象徴する『勝ち組・負け組』というキーワードが流行し、新興富裕層(ニューリッチ)であるベンチャー企業の経営者が持てはやされ、六本木ヒルズで働くヒルズ族(起業家・投資家・ファンド)に注目が集まった時期もありました。

 日本の格差社会では、勝ち組・負け組・ヒルズ族・金融ファンドなどの言葉に象徴される『資産レベルの所得格差(富裕階層への富の偏り)』と正規雇用者・非正規雇用者の間に横たわる『所得レベルの所得格差(雇用形態によるキャッシュフローの偏り)』とが広がりつつあります。更に、グッドウィルやフルキャストなど大手派遣会社による派遣労働者の給与のピンハネ率の問題が指摘され始め、一部では、派遣会社が派遣労働者から徴集した手数料・データ管理料の返還を求める民事訴訟も提訴されています。

 日本では、『結果の不平等』に合わせて『機会の不平等』も進行するような負のスパイラル(経済階層の固定化傾向)が生まれつつあり、『格差社会の存在』が一般国民に意識化され始めています。つまり、単純に一生懸命働くだけでは、衣食住が整った最低限の生活を送ることさえ難しい労働環境が一部にあり、『アメリカ的な格差社会への突入・成長最優先のグローバル経済への適応』を危惧する声も出始めているということです。


「ジニ計数」について―

 「ジニ係数」は社会における「所得分配の不平等さを示す指標」で、0に近いほど格差が少ない状態となります。格差はすなわち社会の不満となり、ジニ係数40%以上は社会騒乱の警戒ライン、60%以上は危険ラインとされます。

 ジニ係数が低い国家では、税と社会保障による所得の再分配が進んでいる傾向がみられます。

 日本のジニ係数は、情報源では37.6%(2008年)となっていましたが、厚労省の発表にもとづき更新しております。なお、ウィキペディアに2011年の日本のジニ係数が50%を超えている(中国並み!)との記述があります(2015年3月7日現在)が、これは所得の再分配前のジニ係数であり、再分配後のジニ係数は現在のところ30%台で推移しています。日本の収入不平等指数は、37.9%で、世界ランキングの順位は73位です。

 ランキングの1位レソトの63.2%、2位は南アフリカの63.1%、3位はボツワナの63.0%です。ランキングの最下位はスウェーデンの23.0%です。
相対的貧困率(2000年~)
"相対的貧困率(2000年~)"

日本の平等社会神話の崩壊と所得分配(ジニ係数)の不平等化

 1990年代以降、構造改革の進む日本社会から急速に経済的平等が失われ、再チャレンジの困難な雇用格差・所得格差の拡大が進んでいますが、『企業の国際競争力を高めて日本経済を成長させなければ、日本全体が衰退してしまう』などとする格差社会を「必要悪」(大ウソ或いは 非人間的な輩の妄想)として容認する輩もおります。

 経済格差の不利益を余り受けない一部の国民(資産のある高齢者・所得の多い高所得者)の中には、『まだ日本は、先進国の中で最も貧富の格差が少ない平等な国だ』というかつての平等社会神話を信じ続けている人もおり、ワーキングプアやネットカフェ難民、若年ホームレスなどの問題は統計上の誤差として切り捨てても問題がないと(これはまさに非人間的だ!!)考えている人もいます。

 また、たとえ大きな経済格差があるとしても、資本主義国では経済格差があるのが当たり前なのだから、『総中流社会だった今までの日本』が非効率的で特殊な状態だっただけだという意見もあります。ある程度裕福な家庭に生まれてそれなりに順調な人生を送ってきた人の中には、『なぜ、格差社会が存在することが問題なのだろう?』という根本的な疑問を抱く人もいるかもしれません。(人間性喪失だ!!)

 まず、『日本は、世界の先進国で最も平等な国だ』という平等神話ですが、これは各種の国際的な統計資料のデータやOECD(経済協力開発機構)の統計データによって否定することができ、所得分配の不平等度を測定するジニ係数を見る限り、日本の経済格差は1980年代後半から一貫して拡大し続けています。

 ジニ係数は、“0”で完全な平等状態(みんなで均等に分配)、“1”で完全な不平等状態(1人が全体の財を独占)を示しますが、日本の再分配後所得のジニ係数は0.314(1972年)から0.381(1999年)へと段階的に上昇を続けており、特に1990年代半ばからジニ係数が大きく上がってきました。経済的な不平等度では、ドイツやフランスと殆ど同じであり、市場原理を最優先するイギリスに並ぶほどのレベルになってきています。このまま新自由主義的な改革路線を継続すれば、貧困層への社会福祉を切り捨てて富裕層が富を寡占してしまうアメリカ型格差社会に近づいていく可能性があります

 ジニ係数の上昇以上に深刻で心配なのは、『日本の貧困率の上昇』や『日本の自殺者数の多さ』であり、諸外国と比べた場合に極端に低い『日本人の幸福実感度や社会的成功への意欲』です。経済的な将来不安によって子どもをつくらないというカップルも増えており、大人自身が生きていくことが苦しく人生を楽しめない格差社会の悪化は少子高齢化の進行とも関連しています。

 名目的な経済先進国が加盟するOECDが2005年2月に発表した『OECD諸国における所得分配と貧困』のレポートによると、日本の等価可処分所得によるジニ係数(100倍した%表示,2000年)は、日本(31.4%)であり、経済格差の大きいアメリカ(35.7%)、イタリア(34.7%)、ニュージーランド(33.7%)、英国(32.6%)とほぼ同じになっています。ジニ係数が低いのは、高負担・高福祉の福祉国家として知られるスウェーデンやノルウェー、デンマークなどの北欧諸国ですが、日本はいつの間にか、中位水準(27%~30.5%)グループに分類されているフランスやドイツなどのヨーロッパ諸国よりも所得格差の大きな国になっていたのです。

 更に深刻なのは『日本の貧困率の高さ』であり、中位者の等価可処分所得の50%以下しかない貧困者が日本には人口比で15.3%もいるのです。確かに、その中の何割かは、所得の高い夫を持つ主婦のパートや余裕のある世帯のアルバイト(非正規雇用)かもしれませんが、日本は最低賃金レベルが極端に低く、企業が簡単に安価な労働力を利用できる『派遣労働市場』が充実していることで、ワーキングプア(働く貧困層)と呼ばれる階層が増大しているという大きな問題があります。

 一見して豊かに見える日本の華やかな経済社会の中で、実際には、少なくとも10人に1人が貧困層に分類されるだけの少ない所得しか貰えていないのです。日本の貧困率(15.3%)は、メキシコ(20.3%)、米国(17.1%)、トルコ(15.9%)、アイルランド(15.4%)に次ぐ世界第5位であり、この貧困率の高さは『将来における無年金者(生活保護者)や自殺件数の増大』のリスクにつながっています。更に、経済的理由によって『子どもを産めないカップル』や『結婚できない独身者』が増え、未婚化や少子高齢化を推進する要因にもなってきます。

 教育水準の低い開発途上国であれば『貧乏の子沢山(子どもは直接的な労働資源)』というような状況も期待できますが、平均して教育水準の高い日本では『子どもを幸せに出来る可能性が低く、高等教育を与えてやれない貧困状態』では、かなりの人が子どもを産むことを断念します。親の教育水準の向上で未来への客観的な想像力が強まり、子どもの教育投資コストが大きくなった社会では、『貧困率の上昇』と『合計特殊出生率の低下』に相関が見られやすくなり、貧困者が増えると社会全体の活力が低下していきます。

 現在の日本では、数億円もする高級マンションがすぐに完売して、数千万円もする高級外車が数多く売れ、世界各地の高級ホテルに泊まる豪華な海外旅行に人気が集まるなど『富裕層マーケット』が活況を呈しています。その一方で、一生懸命に働いても生きていくだけが精一杯という貧困層が現れ、政府の再分配政策(社会保障と累進課税)が弱められた日本の格差社会は深刻化の度合いを深めています。

 『なぜ、格差社会が存在することが問題なのだろう?』という根本的な問題に対する答えは、『社会治安の悪化・少子高齢化や未婚化の進展・社会保障制度の崩壊・地域社会の衰退』などを考えることができますが、より本質的な問題としては『行き過ぎた結果の不平等が機会の平等を骨抜きにして、固定的な階層社会が生まれてくる』ということがあります。

 つまり、『親の所得・地位・職業・資産・コネクション』などの要因によって、『子の人生の大まかなプロセス』が規定されてしまうという状態が出てくるわけです。これは今現在でも、親の社会的地位や所得水準が高いほど一流大学(一流企業)に入学(就職)しやすいという問題が指摘されています。所得分配の不平等が拡大すると、『各種ステイタスの世襲化(機会の不平等)』が生まれてしまうというところに格差社会の原理的な問題があり、『機会の平等』と『結果の平等』を完全に切り離して考えることは出来ないのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。今夕の夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へMさんと参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。共に感動しミストが凄く涼しく感じられました。大親寺(ダイシンジ)の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。等彌神社にもお参りしました。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。

★8月11日(金)は、祭日故に車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。まずは民間格安物件探索に(桜井市内西部へ=申し込み締め切りに間に合わず。→11月へ・・)

★8月15日(火)は、民間AP格安家賃物件探索に(桜井市内西部へ)行く予定。登山は行けないかもね・・。^^;


8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

com-02177

◆戦後日本経済の転換期(冨の再分配の分岐点 )と推移 ―――20170813-175

 日本国の経済体制のグローバル化導入の分岐点となる20世紀末に国民の貧困格差が始まったのだ。その格差は拡大しつつあり我々国民にとっては、企業の利益再分配の課題を国はどうして行くのかが緊急で重要な問題である。拝金主義グローバル経済からの脱出を早めて貰いたいと思う。今の(利権にまみれた黒い)政治家・官僚達に今 何が出来るのだろうか・・!?!?!

 古代からある「家」という字には意味があった。ウかんむり(家)の中に居るのは安置された「犬」の姿である。縄文時代から伝わっていた信仰で「犬は家の守り神」なのである。だから守ってくれる犬を愛し大切にしていた。

●東西冷戦後・バブル崩壊後の経済変革期―

 高度経済成長と共に「一億総中流」と言われた恵まれたわずかな時期が過ぎ、振り返れば米国の思惑と影響は計り知れないものがあったのだが、1989年に東西冷戦が終わり、それから間もない1991年のバブル崩壊以降は、「経済変革期」「失われた20年」「低成長期」「経済停滞期」などと呼ばれた。この間の実質GDP成長率は、年平均で1.0%である。(GDPよりも国民の関心はこれから人間らしい生活が出来るか、少しは豊かになるかどうかなのである。 )

 1991年には「バブル景気」が崩壊し、資産価格(株価、地価)が一気に下落した。これらにより安定成長期も高度経済成長期とほぼ同じ期間である約18年で終結を迎えた。これは日銀が金融引き締めに転じ、必要以上に公定歩合を引き上げ続けたこと、中曽根内閣以降、内閣の交代が相次ぎ、国内の政治体制の混乱が続き、住専問題に代表されるバブル後遺症の不良債権処理が後手に回ったことや、アメリカで起こった「リストラ」「ダウンサイジング」と称した整理解雇ブームが日本でも起きたことなどにあった。

 金融機関はBIS規制、金融ビッグバン対策、新たに導入される時価会計制度から不良債権の処理が急務となり、融資の引上げが相次いだ。このため中小零細企業だけでなく大企業の倒産も相次ぎ、経済停滞が長引いた。

 民間企業は過剰な設備・雇用・負債を抱え込み、経済は停滞し、バブル崩壊後積み重なった「不良債権問題」に、1997年の「アジア通貨危機」が加わり、「金融危機」が発生した。

 日産生命、山一證券、北海道拓殖銀行、翌1998年には日本長期信用銀行などの名門金融機関の「破綻」が相次ぎ、大手金融機関同士の「合併・統合」が進んだ。この年は名目「GDP成長率」が戦後最悪の-1.5%を記録し、ジャパン・プレミアムにより邦銀、国内企業の海外における資金調達が困難となった。この危機に対して小渕内閣は総額40兆円を超える経済対策を実施したため、小渕首相自身が「世界一の借金王」と言うほど財政赤字は拡大した。

 バブル崩壊後の日本経済は、「日本的経営慣行」が覆され、「リストラ」と称した「整理解雇ブーム」が始まり終身雇用制度が崩壊し始め、人件費も抑制され、1990年代後半にはデフレーションが発生し、さらには借金経営に対する批判から、企業の資金調達はこれまでの間接金融から直接金融へと転換し、消費や公共事業の低迷から、外需への依存が高まっていった。また、円高不況による製造業の海外移転(特に中国)が相次ぎ、産業空洞化が進んだ。

 2000年前後になり、BRICs諸国が台頭し、貿易相手国の第一位はアメリカから中国に代わった。それらの経済発展に牽引される形で外需が伸びたこと、規制緩和や金融緩和による経済活性化、IT化の普及による企業経営の効率化やIT関連産業に代表される新興産業の隆盛、及び、公的資金注入による金融機関の財務健全化により、不良債権処理が進み、民間企業の過剰な設備・雇用・負債が解消されたことも相俟って、不況時に生まれた諸問題を解消した。また、世界的にインターネット関連の株が急上昇し、インターネット・バブル(ITバブル)が発生し、日本でも1998年ごろからIT関連の株価が上昇し始めた。しかし、日本では光通信の携帯電話売買を巡る不正発覚をきっかけに株価が暴落、世界的にも連邦準備制度理事会の利上げやアメリカ同時多発テロ事件によってバブルは崩壊した。

 このころから旧来の労使関係は見直され、雇用の流動化が進んだ。また、金融緩和が抑えられていたことや、バブル期からの所得税の最高税率引き下げ(約30%)により、経済格差が拡大する要因となった。更に、国内消費や公共事業の低迷により、企業は海外市場を重視するようになった。

 2001年には小泉内閣の「聖域なき構造改革」が始まり、竹中金融行政に迫られ都市銀行は3大メガバンクに統合し、不良債権問題の処理は進んだ。しかし依然としてデフレーションは克服できず、日本銀行はゼロ金利政策から量的金融緩和に踏み切ったが、効果が出るのは、いざなみ景気の終盤になってからであった。当時、ノーベル経済学賞受賞者である経済学者のクルーグマンは「日本政府はインフレターゲットを導入すべきだ」と主張したが、デフレ克服の前例がないため取り入れられなかった。

 2002年ごろから、円安を背景に好調な輸出系大企業や、外資による活発な設備投資、さらに日銀による量的緩和政策により、中小企業の倒産件数が大幅に減少し、下請け企業や内需企業でも過去最高の売上高を記録する企業が現れた。こういった業績の好調や労働者の高齢化から、特に製造業で労働力不足が叫ばれ、景気拡張期が続いた。

 この景気拡張期間は「いざなぎ景気」を超える73か月であり、いざなぎ景気に劣らない好景気であるとのことから、イザナギの妻のイザナミからとり、「いざなみ景気」(第14循環)と呼ばれた。2003年に行われたテイラー・溝口介入による30兆円規模の円安誘導策もそれを下支えした。

 しかし、一方で成長率が2%前後であったことから、「ダラダラ陽炎景気」とも呼ばれており、大半の国民にとって「実感なき景気回復」という実情が世論調査で示された。「人材派遣業法」の成立、早期退職などの高齢労働者の人件費削減、労働の非正規雇用の拡大が賃金低下を促し、消費性向は回復したものの、名目賃金が減った為、内需の本格的な成長には至らなかった。政府や日銀が主張した「ダム論」は実現しなかった。

 また、OECD加盟国中一人当たり国内総生産の順位は、諸外国が大きく経済成長したことや、為替介入による円安も相俟って、為替レートベースで2000年の3位から2006年には18位まで凋落し、6年連続で低下した。

 2005年6月に商法が会社法に変わり、企業の透明性、社会的責任がより求められるようになり、上場企業はこれまで以上の株主を重視した経営が求められるようになった。契約社員、派遣労働に象徴される「非正規雇用」低賃金労働者が増加した一方で、アホなヒルズ族が持てはやされたこともあり、「格差社会」が話題となった。好景気であるといわれていた東京でも低所得層が増加し、2006年末に東京都が実施した福祉保健基礎調査によると、年収500万円未満の世帯が初めて過半数を突破した。ただし、OECDの推計によると、2002年以降の景気回復により、貧困率は低下したという結果が出ている。

 また、このころは景気拡張期であり、2005年の郵政解散を好機として株式市場こそ活況を呈していたが実体経済は明確な好転がみられず、新興国やアメリカの好景気の恩恵をそれなりに享受する中にいた。しかし、2007年8月頃よりサブプライム問題が顕在化しはじめ、住宅専門会社の中には破綻するものが出始め、世界金融危機に見舞われた。さらに、2008年9月のリーマン・クライシス(リーマン・ショック)で世界同時不況へと陥り、日本もその影響をうけ、不況になった。

 「リーマン・クライシス」が起こった2008年の末には、派遣労働者の大量解雇を象徴する「年越し派遣村」が話題となり、小泉改革の負の側面が議論の対象となった。国会も財政出動をともなう景気対策を行うこととなり、エコポイント、エコカー減税、エコカー補助金などを作り、エコ関連商品を買うことを後押しした。それはある程度の効果があり、景気悪化を食い止めた。

 しかし、各国ではその後も2009年11月には中東ドバイの政府系企業における不良債権問題を端緒としたドバイショック、ユーロ圏のいわゆるPIIGS諸国における国債の信用不安を端緒とする欧州ソブリン危機(欧州債務危機)、さらにはギリシャ経済危機や米国債ショックなどが起き、その影響は日本にも及び、日本市場にも混乱をもたらした。

 又、日本が低成長であるのに対し、中国が高成長を続け、GDPは2010年に中国に抜かれて40年近く守り続けてきた2位から3位に転落した。そして、2011年3月11日に発生した東日本大震災と福島第一原子力発電所事故は、復興費用や補償費用や電力危機など、経済に悪影響を与えており、高度経済成長期の「負の遺産」を浮き彫りにしている。

 2012年12月26日に総理大臣に就任(復帰)した安倍晋三は、「大胆な金融緩和」・「機動的な財政政策」・「民間投資を喚起する成長戦略」という3つの政策を柱とした「アベノミクス」を推し進め、低迷が続く日本の経済を復活させようと試みている。

 「アベノミクス」の金融緩和により急速な円安・株高が起こり2013年3月8日には日経平均株価がリーマンショック以前の水準に戻った。2014年4月1日から消費税増税が施行され消費税率が5%から8%となったが、この政策は国民の消費が再び停滞する事となり、2014年11月18日、安倍首相は2015年10月1日に予定されていた8%から10%への消費税再増税を2017年4月1日に先送りすることを正式に表明した。2015年4月22日には日経平均株価が2万円を超えた。

 この経済政策に関しては当初から専門家などの間で賛否両論が入り混じっており、安倍の首相就任からちょうど1年後の2013年12月の産経新聞社・FNNの合同世論調査では81.0%の人が「景気回復を実感していない」と回答している。その一方で株価や有効求人倍率などの経済指標は改善している。

 また、アベノミクスの効果は大企業を中心に現れているが、中小・零細企業にはその効果は一部を除いていまだ波及してはいない。[29]。また、2013年に発表した「不動産市場における国際展開戦略」[30]は円安のおかげで成果を上げ、外国人投資家による日本の不動産買いは着々と進んでいる。一方、安倍政権成立後、貿易収支は赤字に転落し、3年連続で史上最大の貿易赤字を更新している。いずれにせよ、安倍の試みはまだ道半ばであり、評価も定まっていない。(儲かった企業の利潤の再分配をどうするかが重要な問題である。)

 冷戦終結後、日本の経済の仕組みは大きく変貌を遂げた。そして、これからも確実に変貌を遂げることが予測されている。しかし、今後の日本経済は不安材料が多い状態である。21世紀に入って以降、日本経済を内需ではなく外需に頼るようになったことも懸念材料として挙げられている[31]。内需は少子高齢化や賃金低下などで今後も縮小し続けると見られ、経団連などの財界や大企業は、生き残るために政治への積極的な働きかけ、海外市場の開拓などを行っている。


●世界金融危機(リーマン・ショック)後の外国為替相場―

 外国為替相場については、「サブプライム危機」により大幅に変動しており、ドル円は2007年の120円台から2010年の80円台へ、ユーロ円は160円台から105-120円台へと急激な円高が進行し不安定化した。2009年9月の衆院総選挙により政権交代がおこり、藤井財務大臣の円高容認発言から為替市場は一段の円高傾向を続け日本の景気回復は足止め状態となった。

 2010年には欧州ソブリン危機(欧州債務危機)が発生し、2010年9月15日には6年ぶりの円売り介入が実施された。さらに、2011年になると米国債ショックやギリシャ経済危機などで円高ドル安や円高ユーロ安が引き起こされている[33]。2012年12月16日に執行された第46回衆議院議員総選挙の結果、アベノミクスによるインフレターゲットの設定を公約に掲げた[34]自由民主党が大勝したため、翌2013年現在は円高は一服している。


●貿易・サービス収支の赤字転化と成熟債権国への移行―

 クローサーらの提唱した国際収支発展段階説の観点では、第二次オイルショックがほぼ鎮静化した1982年以降、約30年間に渡って日本の所得収支は一貫して年ベースで黒字であり、貿易・サービス収支も東日本大震災までは年ベースで黒字を保っていたことから、第二次オイルショックが鎮静化してから東日本大震災までは日本は未成熟債権国の段階にあったものと考えられる。

 しかし、東日本大震災以降は四半期ベースで貿易・サービス収支の赤字が続き、2014年まで史上最大の貿易赤字を更新していることから、東日本大震災などを契機として成熟債権国へ移行した可能性がある。さらに、中期経済予測を安定して継続予測・発表している民間の大手シンクタンクである日本経済研究センターは、原子力発電所がすべて停止する悲観シナリオの中ではあるが、経常収支が2017年度に赤字になり成熟債権国から債権取崩国へ急速に移行する可能性までをも指摘した。


●将来について―

・新興国に対する脅威~

 BRICsなどの新興諸国の台頭、とくに製品競争力の目に見える向上に加え、FTAやEPAなど国家を挙げて貿易振興にとりくむ韓国の躍進は日本の基幹産業である自動車や電気製品など最終品輸出産業に深刻な脅威を与える存在となっている。韓国の躍進は台湾の電子産業とくにファウンダリービジネスにも脅威を与えており、東アジアの国際分業構造の再構築を要求している。(2017年8月現在では韓国の経済は中共と共に崩壊の一途を辿っている。)

 日本においては基幹部品となる日本製パーツや素材、あるいは製造装置類の韓国や中国への輸出の増大など(:現在は急激に撤退・減少している。.)タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア等の 東南アジア圏における国際分業体制の変化が一段と進展している。(ウィキペディア参照・転載・加筆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。今夕の夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へ参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。ミストが凄く涼しく感じました。大親寺の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。
★8月11日(金)は、祭日故車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。民間格安物件探索に(桜井市内西部へ)

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

本薬師寺のホテイアオイ 夏

"本薬師寺のホテイアオイ 夏"
社会的共通資本とは?! ―――20170813-174


 「社会的共通資本」とは、経済学者の宇沢弘文氏(1928-2014年)が提唱した概念で、すべての人びとが、ゆたかな経済生活を営み、すぐれた文化を展開し、人間的に魅力のある社会の安定的な維持を可能にする自然環境と社会的装置のことで、これを社会共通の財産とする考え方です。


 「社会的共通資本」は、「自然環境」(大気、水、森林、河川など)、「社会的インフラストラクチャー」(道路、交通機関、上下水道など)、「制度資本」(教育、医療、金融など)という3つの範疇にわけて考えることができます。大気、道路など具体的に何を含むかは、それぞれの地域や国の自然的、歴史的な要因などによって異なります。


 こうした「社会的共通資本」は、社会の共通の財産として、社会的な基準に従って管理されなければならないと宇沢氏は言います。


 たとえば「教育」は、子どもたちが持っている資質を伸ばすことを、また「医療」は病気やけがの人を助けるものです。どちらも一人一人の市民が、人間らしい生活を営むために重要な役割を果たすものなので、国家によって官僚的に支配されたり、市場の基準によって利潤追求の対象にされるべきではない、というのが宇沢氏の考え方です。


 また「社会的共通資本」は、分権的な市場経済制度が円滑に機能し、実質的な所得分配が安定的となるような条件でもあります。

【参考文献:宇沢弘文, 2013, 『経済学は人びとを幸福にできるか』, 東洋経済新報社】
com-02177


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。
東北の棚田風景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は見頃時期は過ぎました。8月中旬過ぎまでは少しながらも楽しめそうです。^^午前中の方が開花していますので良いかと思います。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)


★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。周辺散策しました。川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えてもらいました。川上村の新しい山岳地図(500円)も入手出来ました。欲しい方は村役場へ。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でしたが成果なし。^^;

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。今夕の夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へ参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。ミストが凄く涼しく感じました。大親寺の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。
★8月11日(金)は、祭日故車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。民間格安物件探索に(桜井市内西部へ)

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★9月中順以降に「白屋岳登山」(1177m)<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
★10月以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」<初心者向>を企画しますが。ご意見も受け付けますネ。^^
※共に初心者の方のご意見を承り参考にしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

  
com-00068

自発的シンプル生活 (Voluntary Simplicity)について――――20170812-173

 自発的シンプル生活 (Voluntary Simplicity)は、「外見上はシンプルに、内面的には豊かに暮らす」ことを指す言葉です。この言葉は1936年に、マハトマ・ガンディーの門下にあったRichard Greggによって作られました。

 Voluntary(自主的な、自発的な)という語には、金銭的な必要などに迫られてシンプルに暮らすのではなく、自らの意志によってシンプルな生活を選ぶという意味合いが含まれています。

 消費文化の物質的なライフスタイルを否定し、「シンプルライフ」や「ダウンシフティング」と呼ばれる生活スタイルを支持することで、個人の幸せを追求しながら、同時に地球環境にとって持続可能な生活を行うものです。

 自発的にシンプルに暮らすという考え方そのものは新しいものではなく、イエス・キリストやヘンリー・デイヴィッド・ソロー、マハトマ・ガンジーの考えにも含まれています。

 ただし、近年の「自発的シンプル生活」という考え方は、エネルギー不足や、発展途上国の資源問題といった環境問題への社会的責任の意識に支えられているところに特徴があります。


 今までシンプルな「田舎暮らし」に憧れがありましたが実現するにはある程度の資金や知恵が不可欠ではあります。「貧困老人」では到底実現は無理なようです。(トホホ)
  
com-00439


 ★お金を「目的」ではなく、「手段」としてわが手に取り戻せばいいだけなのです。

 ★人間とその欲望がつくりだしてきた「マネー万能」の共同幻想と、マネーが極大化したグローバリズムの正体を見極めて、そこから脱し、私たちが生きてゆく上で本当に大事なものが何かに気付き、そして、昇ってゆく時代の終焉を迎えた現代日本人が、下っていく時代のための新しい生き方を発見してゆくのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は満開時期に来ています。8月中旬までは楽しめそうです。^^午前中に開花しています。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)

★7月25日(火)は、加太海岸まで行きましたが、残念ながら曇天で赤い夕陽を観られませんでした。近くの自然公園の四国山(241m)へ初めて散策登山しました。見晴らしは抜群でしたョ。^^

★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。が、登山口山道が不明で周辺散策と川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えて貰いました。川上村の新しい山岳地図(500円)を入手出来ました。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でした。

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。今夕の夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へ参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。ミストが凄く涼しく感じました。大親寺の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。
★8月11日(金)は、祭日故車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。民間格安物件探索に(桜井市内西部へ)

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳

★九月下旬以降に「和泉葛城山ブナ林散策登山」を企画したいと思います。ご意見も受け付けますネ。^^


                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 


◆ほんとうの「生き方」を求めて③――――20170811-172

●映画「降りてゆく生き方」―

 これまで日本人は、「物質的に豊かになれば幸福になる」「多くもつ者が幸福である」という、カネやモノをより多く得ることを欲求の対象として生きてきた。

 これは、「足していく」ことに価値を見出す、「足し算の生き方」といえよう。 しかし、物質的な豊かさの追求によって幸福を得るのが難しいのが明らかな現代社会においては、多く持ちすぎることによって、何が大切かわからなくなっているといえよう。

 即ち、何を得るかではなく、「何を手放すか、捨てるか」ということこそが、いまは大事なのである。 つまり、いらないもの、無駄なものをどんどんと「引いていき」、本当に大事なものを見すえるという「引き算の生き方」こそが、何が大切か分からなくなっている現代の日本人にとって大事なのである。
豊かさを目指して国民一体となって「昇っていく」時代においては、たくさん得ることがしあわせのように思えた。 しかし、いま我々は、経済成長がピークを迎え、下り坂の時代を生きているのだ。

 もう昇っていこうにも、昇るところはない。

 私たちが夢見ていた世界は、本当に夢であり、幻想に過ぎなかったのだ

 私たち日本人にとっては、右肩上がりに駆け上っていく時代は終わった。もう経済成長は望むことはできないのだ。 この現実をしっかりととらえて、自然や環境に即応していくという新しい「生き方」「考え方」をもたねばらなないという事実をしっかり認識することが大切なのだ。

 人間文明終焉の危機、すなわち人間圏が消滅の危機に瀕しているのは、石油や石炭といった地球システムに重大な影響を与える資源に依存する「ストック依存型」の生き方をするようになったからである。

 従って、私たちが人間圏消滅の危機から脱するには、私たちの「生き方」を、地球システムが自然につくりだす物質やエネルギーの循環に依存する「フロー依存型」の生き方にしていく必要がある。
これは、「人間圏」をもういちど「生物圏」に近づける生き方ともいえる。すなわち、人間を「特別の存在」と考えるのではなく、「自然の一部」であり、他の生物と対等である「対称性」ある存在として、「天地自然の理」に則って生活する道を選ぶのである。

 それをまさに実現していたのが、我々の祖先である「縄文人」なのである

 縄文人は、天地自然の理に基づいて、宇宙や自然や生物との一体感の中、自然の恵みに感謝し、祈り、腕力や能力の差異はあれど、相互に尊重しあい、助け合いの協力関係の中で生きていた。その生活は、生命感にあふれたものだったであろう。 彼らのそのような生き方こそがまさに縄文土器に象徴されているのである。 縄文人は、地球システムがつくりだす物質やエネルギーの循環に依拠し、狩猟採集し、栽培や養殖をして、つつましく生きていたのである。

 しかも、縄文人は、一万年の長きにわたり、戦争を行わなかった。一体となって平和に暮らしていたのである。 縄文人は家族団らんを始めた人たちでもあった。家族愛に満ちていたのである。幼く死んだわが子を足型として残し肌身離さずもちあるいた。 アイヌに近い母系社会であった。まさに愛に満ちた生き方である。その後悲しいかなほとんど滅ぼされてしまったが・・。

 「縄文人など、しょせん文明的でない野蛮人だよ」 と思う無知な人もいるかも知れない。

 しかし、彼らを現代人より劣っているといえるか?現代人のどこが縄文人に勝っているのか?と言いたくなる。

 縄文人たちの生き方こそが、希望を喪失して苦しむ我々現代人に対して、立ち戻るべき人間圏の原点を示唆しているのであろう。

 縄文人たちは、動物と人間を同列の存在と考えていた。 つまり、自分たちは、「生物圏」に属するものであるという認識が明確であったのである。 だから、熊も、サケも、山羊も、兄弟だったのである。

 それは、「地球システム」という観点からすると、極めて正しい認識だったといってよい。
地球システムとの関係では、動物たちも人間も、その存在価値において差異はなかったのであるから。

 縄文人とつながりがある、アイヌや沖縄の人々、先住民などの神話の世界からは、現代人は大いに学ぶところがある。それらに、現代人が立ち戻るべき生き方があるからである。

 また、縄文人たちは、生きることと死ぬことを一体のものとして捉えていた。 自分たちの生きているこの世界は、この宇宙は、一体どういうものなのか。自分はどこから来て、死んでどこに行くのか。 そういうことを自然と一体の生活の中から、神話として紡ぎだし、コスモロジー(世界観)として有していた。

 自分が死んだ後の行く末も、世界観の中に織り込んで生きていた縄文時代の人々は、たとえ生きて行く上で生命の危険が多かったとしても、現代人ほどは不安でなかったのではないだろうか。
現代人も、生きることばかりでなく、死ぬということの意味も、縄文人に倣って考える必要性があるのではあるまいか。

 死ぬということ、死んだ後のことまでイメージしてこそ、生きるということの意味もわかってくるのではないだろうか? 縄文人は森の中で暮らしていた。森のもたらす豊かな恵みの中で生きていたのである。

 そして、豊かな森は、人間や生物が生きていく上で不可欠な水を涵養する力がある
縄文人などかつての人間は、森には神の力が宿っていると畏敬の念を抱いていた。 それによって、森は開発から免れ、生命を育む力を持ち続けたのである。だから日本人は、長らく森を大切にしていたのである。

 神社の「鎮守の森」も、そういう縄文人以来の知恵を具現化したものといえよう。

 日本人は後に狩猟採集から農耕生活へと移行する。しかし、畑作牧畜ではなく、農耕漁撈へと移っていく。農耕漁撈は、畑作牧畜と比して、自然に負担をかけない、地球システムに影響が少ない生活である。
一方で、欧米的な、畑作牧畜は、森を破壊する文明である。

 縄文以来の名残を残し、森を守り、自然との一体感のある農耕漁撈生活こそ、日本人が立ち戻るべき生き方なのである。

 日本人の天地自然の理に則った自然と一体化した農耕の典型例が、「棚田」である。 棚田は、自然と人間の知恵が融合した美しい情景である。 棚田は、森の豊かで滋養あふれた水を使って、美味くていのちにあふれた米をつくりだす。 日本の豊かな自然と森と水は、稲の力を引き出し、肥料や農薬など使わずとも、美味しい米をつくりだしたのである。

 ところが、戦後、コメを効率よく大量につくろうと考え、化学肥料と農薬が使われるようになった。

 それは愚かにも、人間の健康にはもちろん、土壌にも深刻な影響を与え、害虫が出やすい環境をつくってしまったのである。

 本来、コメや野菜は、肥料など使わずとも十分に生育するものであり、天地自然の理に則った育て方こそが、もっともその力を引き出し、しかも美味しくなるのである。 それも既に実証されている。

 そういう、本来の栽培方法に戻るべき時期にあるのではないだろうか。また、戦後、日本の森は、経済目的で植えられた杉やヒノキの人工林ばかりになってしまった。しかも 外国産輸入材に市場を席巻されて高く売れなくなり山林が手入れされず放置される荒れ放題の山も増えているそうだ。

 その結果、森が次第に荒れて、涵養力は落ち、このままでは水源が枯渇する危険性があるのである。 従って、人工林を間伐するとともに、落葉広葉樹を植林して森の涵養力・保水力をアップさせるよう、奥山を再生することが急務なのである。このように、奥山や、棚田をはじめとする里山を、再生していく必要が、私たち現代の日本人の急務なのである。(今、山々を歩いてみてそれを痛感している。 )

 森をつくることは、人間と自然の一体性を体感させ、取り戻させてくれる。学校教育においても、地域づくりにおいても、森をつくることは非常に役に立つ。 森をつくることが、すべての問題の出発点であるといってもいいのである。

 そして、「生きて行く喜び」を「生き物として」「肉体で」感じるような生き方をすることが大切である。そのために、「自然」や「動物」や「人間」と一体化するための「祭り」というものの意義をもう一度縄文人や先住民たちに学び、そのスピリットを再現した現代の「祭り」を創り上げるべきである。自他が一体となる「場」を創造することが大切なのである。

 自他が一体となるにあたって大事なことは何か。 それは、「新しい出会い」と「対話」である

 自分が感じたことを素直に語ることが、他者の情動を引き起こし、新しいイメージを生み出す。 そのイメージが、さらに他者のイメージを引き出す。 そうやってつながり大きくなったイメージは、自然と、自他の境をなくし、一体感を醸し出す。

 つまり、それぞれが、自分を語り、耳を傾け、他者の語りの中に自分とのつながりを自然と感じていく「」をつくっていくことが大事なのである。そうすることで、人々はつながり、新しい「コミュニティ」が生まれる。

人々がいきいきとしている豊かな場は、まるで、たくさんの微生物たちがお互いにつながり関わりあって発酵し、エネルギーと新しい酒を生み出している酒蔵のようである。 そこは実に生命力にあふれ、楽しさと喜びに満ちている場なのだ。

 発酵しているいきいきとした人々の場においては、第一の関心事はこれまでのように「お金」ではなく、「生命の躍動感」になっていくことだろう。 いのちがよろこび、心がわくわくするようなこと。そういうことで、つながりあうコミュニティ。 そんな新しいコミュニティをつくっていくことにこそ、私たちの未来への希望というものが見出せるように思うのである。

 これまで日本では、東京に全てが一極集中し、地方・ローカルは、その分配や受け皿となってきたのが実情であった。 東京で行われ、流行したことが、全国の地方に広がっていくという構図だったのである。
それは、「欲望」と「お金」が流通する構図だったといってもよい。

 しかし、この東京を中心とする全国一律主義は、人間を「マーケット」「数字」「お金」に置き換えてしまうものであり、人と人とのつながりというものは重視されず、むしろ断たれてきたといえよう。これからの出発点は、「お金」ではなく、「人間」「自然」そして「いのち」でなくてはならない。 それこそが、我々現代人が縄文人に学ぶべき最大のものであろう。( ★常に歴史から学ぼう!!!★ )

 これからの時代、深刻な世界恐慌となり、景気の回復も見込めないであろう。 だからといって、落ち込む必要があるだろうか。 しかし、マネーという共同幻想から離脱し、人間として自立した生き方を歩み始めれば、怖いものなどない。

 ★お金を「目的」ではなく、「手段」としてわが手に取り戻せばいいだけなのだ。

 ★人間とその欲望がつくりだしてきた「マネー万能」の共同幻想と、マネーが極大化したグローバリズムの正体を見極めて、そこから脱し、私たちが生きてゆく上で本当に大事なものが何かに気付き、そして、昇ってゆく時代の終焉を迎えた現代日本人が、下っていく時代のための新しい生き方を発見してゆくのだ。

 そういう物語を描き出すために、制作者たちは映画「降りてゆく生き方」をつくりました。 この映画を見終わった後に、あなたの中で希望の灯がともったとしたら、私たちにとってそれ以上のしあわせはありません。

 ●Youtubeにも沢山のインタビューや関連動画がありますので検索しご覧下さいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo0000-2366

※静かなブームの映画―

 大好きな楽しませてくれる「映画」は何もワンパターンのハリウッド映画ばかりではありません。現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出された映画もありますが、最近感動した作品をご紹介いたします。それは『降りてゆく生き方』というお勧め映画です。新潟県村上市の田園風景のロケーションが美しいです。 (エグゼクティブ・プロデューサー清水義晴 :武田鉄矢主演・・地域の人々)

関連動画インタビュー#1:  https://youtu.be/_s1I1tkzHoI

 「右肩上がりが豊かさ」の信仰(洗脳=呪縛)から価値観を見直し、人の「ものの見方」により観え方が変わります。「排除の論理」を捨てる事により人間本来の生き方・確かなモノが 観えるはずなのです。皆様には拡散して欲しい優れた映画の一つです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本薬師寺のホテイアオイ 夏
本薬師寺のホテイアオイ
・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・

●イマジン: ジョン・レノンはイルミナティに反旗を翻した為暗殺された世界的音楽家です。癒されて下さい。^^
 
 https://youtu.be/M0d_P-QMdNQ

・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・◇・❀・❀・❀・❀・❀・❀・❀・
2017-07-21 001 008
藤原宮跡蓮園

                                                               ――◇◆◇――


2017-07-21 001 014
藤原宮跡公園

本日もご訪問ご拝読頂き誠に有り難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

玉置神社(奈良県十津川村)
玉置神社境内

★藤原宮跡蓮園は満開時期に来ています。8月中旬までは楽しめそうです。^^午前中に開花しています。

★本薬師寺のホテイアオイの花が咲いています。彼岸花も咲く頃の9月末頃まで見頃が続きそうです。
  
本薬師寺のホテイアオイ(8月)

★7月25日(火)は、加太海岸まで行きましたが、残念ながら曇天で赤い夕陽を観られませんでした。近くの自然公園の四国山(241m)へ初めて散策登山しました。見晴らしは抜群でしたョ。^^

★7月28日(金)は、白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。が、登山口山道が不明で周辺散策と川上村観光課の方が丁寧に地元情報を教えて貰いました。川上村の新しい山岳地図(500円)を入手出来ました。

★8月1日(火 )は、夕方から二上山登山&(山の上から観る)PL花火観賞会は五人で行きました。鹿谷寺跡コースの岩場からよく観えました。日中は仕事でした。

★8月4日(金)は、川上村の白屋岳(1177m)方面へ下見に参りました。展望良好でした。^^くんさん有り難う。

★8月5日(土)は、久しぶりにひめさんと外鎌山(トカマヤマ:293m:桜井市)へ登りましたが、炎天下自転車で行ったので外鎌山麓に着くと汗びっしょりでした。ちょっと登山はエラかったです。今夕の夕陽を期待してましたが雷雨により観られませんでした。ひめさんお疲れ様でした。ではまたネ~。(病気は早く治しましょうネ~!!^^)

★8月8日(火)は、午前中、桃尾の滝&大親寺及び鳥見山(トミヤマ:245m)へ参りました。雨上がりの故に滝の水量が多く大変迫力がありました。ミストが凄く涼しく感じました。大親寺の苔生す境内も美しかったです。久しぶりの鳥見山は静かな風景で霧が出て幻想的でした。

★8月7日(月)皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?!被害が無ければ幸いです。(小生は今は小康状態ですが防風雨で仕事が出来ませんでした。下流老人はPC三昧です。 )天候不順で明日と金曜日は登山が出来そうにありません。約束してる方にはゴメンなさい・・。またの機会によろしくです。^^;明日は晴れて欲しいものです。
★8月11日(金)は、祭日故車は借れず、自転車にて仕事集中日!! 県営申し込み失敗し再申し込み申請となった。民間格安物件探索に(桜井市内西部へ)

8月27日(日)は「玉置山登山&最古の玉置神社参詣」へ参ります。樹齢三千年の神代杉を初めて観ますが 今からワクワクしています。皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませネ~。^^
玉置神社
"玉置神社" (現在参加者12名)


★9月3日(日)の油日岳~縦走登山へどうぞご参加下さいませネ~。予約はお早めに~。^^
 気遣って頂き、いなりさんが車出しのご協力頂きました。(感謝!!^^)

★9月10日(日)は、四寸岩山登山 <初級>  (標高:1235・9m )です。初心者でも登りやすい山です。
●集合時刻場所:①8:20-近鉄桜井駅前南  ②8:40-近鉄大和八木駅前南   ③10:00-金峯神社下駐車場
2017-07-07 001 002

二上山雌岳


                ――◇◆◇――                


●みんな健康が一番!!

● 父母 にプレゼント&祖父母にも喜ばれるものは何~・・?! ?^^

【フレーバーオリーブオイル】赤屋根ガーリックオリーブオイル450g 大容量【日本オリーブ 公式】オリーブ油 食用油 食用オリーブオイル にんにく風味 唐辛子 ビン容器入 加熱用 健康 調味料・油 引越し ギフト 挨拶 ヘルシー 油 ピュアオイル 引っ越し スペイン 父の日 男性





 

このページのトップヘ